【快眠・安眠】のサポート

スポンサードリンク

快眠・安眠のサポート

スポンサードリンク

日本人の5人に1人が何か睡眠障害を抱えているといわれています。

 

安眠できずに悩んでいるとさらに不眠になり悪循環ですが、同じ悩みを抱えている人も多いのです。睡眠不足が続けば、免疫力が下がりますので、病気を引き起こす原因になり、体調不良や風邪などの原因にも。

 

免疫力が下がると理由は、自律神経の中の交感神経がずっと緊張状態を維持していることで、白血球の中の顆粒球が増えるからだとされています。

 

逆にしっかりと安眠している人といのは、副交感神経が常に優位で、白血球のリンパの球も豊富なのです。これは免疫力の高まりを意味するといわれ睡眠不足が続けば逆に体調が崩れてしまいます。

睡眠不足は致命的

安眠

健康を維持したいと思っている人、美肌や美容効果のためしっかり睡眠をしたい人、睡眠不足は致命的ですが、自分は寝たいと思っていても眠れないのですから仕方がないですよね。

 

何とかしてしっかり眠る方法はないのかと思っている人も多いと思いますが、安眠する方法としてお勧めの方法を紹介していきます。快眠できるようになるためにはどうすればいいのか、生活リズムは?効果的なストレッチも紹介します。

 

また快眠できるようにするためのグッズ選びも見ていきましょう。快眠できるようにするために生活のマットレス選びも大事です。寝具一つで変わります。

 

音楽で快眠することもできますので、これについても紹介します。ほかにもアロマで快眠、快眠のためのサプリメントはどうでしょうか。たまにはアルコールに頼るというのも一つの方法かもしれませんね。


スポンサードリンク

【快眠・安眠】のサポート記事一覧

快眠に効くツボとストレッチ

寝る1時間から2時間くらい前からだんだん部屋の明かりを調整しておき、できれば部屋をあまり明るくしないほうが快眠できます。電気が明るければ睡眠ホルモンといわれるメラニンの分泌が減ってしまって快眠が妨げられます。寝る前のスマホもなるべく避けましょう。朝すっきりと起きるためには太陽の光を浴びたほうがいいで...

≫続きを読む

快眠グッズ

質がいい眠りをするためには寝具を選ぶ以外にも、快眠グッズを使うのが効果的。今人気がある快眠グッズの一つに、抱き枕があります。寝具売り場の枕と一緒に販売されている抱き枕ですが、これは抱きつけば安心できるということ、そして横向きに寝れば舌の付け根が上がりますので、正しく気道確保が可能だというメリットがあ...

≫続きを読む

体内時計をリセット

年齢と共に眠りというのは浅くなるもの。寝ていても、若いころに比べると頻繁に目が覚めるのでなかなか寝付けないのです。快眠は健康の原点ですから、しっかり快眠するようにしましょう。ここでは体内時計の仕組みを紹介してみます。人の体内時計というのは実は目が覚めて太陽の光を浴びてからは、15時間から16時間すれ...

≫続きを読む


トップページに戻る