快眠に効くツボとストレッチ

スポンサードリンク

快眠のための環境作りをしよう!

スポンサードリンク

寝る1時間から2時間くらい前からだんだん部屋の明かりを調整しておき、できれば部屋をあまり明るくしないほうが快眠できます。電気が明るければ睡眠ホルモンといわれるメラニンの分泌が減ってしまって快眠が妨げられます。寝る前のスマホもなるべく避けましょう。

 

朝すっきりと起きるためには太陽の光を浴びたほうがいいですから、できるだけカーテンを少し開けておいて遮光カーテンなどはせずに、朝日が差し込む環境を作っておくといいでしょう。

 

温度や湿度も快眠には関係があります。部屋の温度は20度前後にしておき、湿度は50パーセントが快眠の環境に適しています。

 

音の環境についてはうるさければ当たり前ですが眠ることができないので、もしも静かではない環境だというのであれば、耳栓を使ったりして対策を考えましょう。

 

そして何より寝具ですが、環境作りを考える上で寝具はとても大切です。自分に合うものを選ばなければいけませんが、選べない人は寝具売り場の専門家に相談するなどして選ぶといいでしょう。

快眠のツボ

角質

快眠のツボを刺激して眠りにつけるようにしましょう。体には実に600箇所以上ツボがあるといわれているのですが、そんなツボの中にも、快眠に効果的なツボはあるのです。

 

快眠できない悩みも、気、血の流れが滞っていたり乱れている現われです。体が健康な人なら毎晩快眠できるといわれているので、快眠できない人は疲れがたまっている、病気である、ストレスをためているなどいろいろと症状があるのです。

 

ベットに入る前などのスキマ時間(1分でOK)を使って、快適な睡眠時間を手に入れましょう!

 

 

 

快眠のツボ

 

・ 涌泉
大地の気を吸い上げる場所ということで知られているツボ
足の裏の縦の3分の1くらいの場所の真ん中にあります

 

・ 百会
こちらを指の先でこするとだんだん眠くなります
頭のてっぺんのツボ

 

 

その他にも、失眠、太陽、安眠、天柱などが



快眠ストレッチでリラックス

安眠

運動不足は万病の元といわれていますが、現代人は忙しいので運動をする時間が確保できません。そしてストレスもたまりますし、神経も自然高ぶり快眠できない毎日を送っているのです。

 

寝る前に少しストレッチをするだけでずいぶんリラックスして快眠できるようになります。布団の上で手軽にできますので、わざわざ運動をする、ストレッチをするといった感覚はありません。

 

ストレッチは1日がんばってくれた体をほぐす効果もありますし、副交感神経に作用して体の体調を整えて眠りにつきやすい状態にしてくれます。筋肉がガチガチに凝って寝付けない人にも効果的です。

 

 

快眠ストレッチ法

 

・ 首のストレッチ
両手を後ろに回して息を大きく吸う
力を抜いて頭を前に倒して息を吐く
頭を前に倒したまま10秒程度維持して、
息を吸いながら元通りになってください

 

・ 肩のストレッチ
足を軽めに開き、両肘をまげて肩くらいまで上げる
両手をYの字に伸ばす
腕から肩全体にかけて前後前に回してください


 

このようなストレッチをして(約3分)1日の疲れを取りましょう。布団の上で手軽にできますので、わざわざ運動をする、ストレッチをするといった感覚はありません。


ストレッチが効果的

布団の上で手軽にできますので、わざわざ運動をする、ストレッチをするといった感覚はありません。

 

ストレッチは1日がんばってくれた体をほぐす効果もありますし、副交感神経に作用して体の体調を整えて眠りにつきやすい状態にしてくれます。
筋肉がガチガチに凝って寝付けない人にも効果的です。

『首のストレッチ』
 両手を後ろに回して息を大きくすって力を抜いて頭を前に倒して息を吐きましょう。
頭を前に倒したまま10秒程度維持して、息を吸いながら元通りになってください。

 

『肩のストレッチ』 
足を軽めに開き、両肘をまげて肩くらいまで上げてください。
ゆっくり肩から前後前に回します。
両手をYの字に伸ばしてこのまま腕から肩全体にかけて前後前に回してください。

このようなストレッチをして1日の疲れを取りましょう。

 

快眠のツボ

快眠のツボを刺激して眠りにつけるようにしましょう。

 

なかなか眠ることができない、夜中に何回も目が覚めてしまう、寝ておきてもまだ疲れが残っている人、そんな人は快眠に効果的なツボを刺激するといいでしょう。

 

体には実に600箇所以上ツボがあるといわれているのですが、そんなツボの中にも、快眠に効果的なツボはあるのです

 

快眠できない悩みも、気、血の流れが滞っていたり乱れている現われです。

 

体が健康な人なら毎晩快眠できるといわれているので、快眠できない人は疲れがたまっている、病気である、ストレスをためているなどいろいろと症状があるのです。

 

ツボは気休めだと思うかもしれませんし、根本的な改善にはならないかもしれませんが、快眠して健康状態へ改善することはできるのです。

 

快眠のツボとして効果的なものを紹介します
『涌泉』
大地の気を吸い上げる場所ということで知られているツボ
足の裏の縦の3分の1くらいの場所の真ん中にあるツボです
足の裏をまげて真ん中にへこんだ部分ができるのですがこのツボ。
このツボを刺激すると足の裏が熱くなって快眠にも効果的です。

 

『印堂』
眉と眉のど真ん中のツボです
こちらを指の先でこするとだんだん眠くなるといわれています。

スポンサードリンク

快眠に効くツボとストレッチ関連ページ

快眠グッズ
安眠できずに悩んでいるとさらに不眠になり悪循環です。安眠できなければあせりますし、つらいことです。睡眠不足が続けば、免疫力が下がりますので、病気を引き起こす原因になり、体調不良や風邪などの原因にもなりますし美容にも悪影響です。
体内時計をリセット
安眠できずに悩んでいるとさらに不眠になり悪循環です。安眠できなければあせりますし、つらいことです。睡眠不足が続けば、免疫力が下がりますので、病気を引き起こす原因になり、体調不良や風邪などの原因にもなりますし美容にも悪影響です。

トップページに戻る