体内時計をリセット

スポンサードリンク

体内時計をリセット

スポンサードリンク

年齢と共に眠りというのは浅くなるもの。寝ていても、若いころに比べると頻繁に目が覚めるのでなかなか寝付けないのです。快眠は健康の原点ですから、しっかり快眠するようにしましょう。

 

ここでは体内時計の仕組みを紹介してみます。

 

人の体内時計というのは実は目が覚めて太陽の光を浴びてからは、15時間から16時間すれば眠気が来るようにセットされているのです。

 

ですから朝日が体内時計をリセットしていて、そしてその日の新たなタイマーは朝スタートしています。朝は早起きをしてちゃんと太陽の光を浴びる、または朝は部屋の照明を明るくしておくことが、その日の夜の快眠を左右するのです。

 

 

体内時計には、目が覚めて太陽の光を浴びてから15時間から16時間すれば眠気が来るようにセットされています


 

そして寝てから始めの3時間は大きい眠りがあってから、1時間半ごとに浅い眠りがあります。そのリズムに合わせて寝る時間を決めるとすっきりと気持ちよく朝起きることができます。

 

なので理想の睡眠時間はだいたい6時間から7.5時間、これが理想的といわれています。もしもっと早く起きる必要があるなら、5時間という中途半端な時間でおきずに、4.5時間にすればすっきり起きられるのです。

 

たまにはお酒に頼っちゃう?

毎日では駄目ですが、たまには快眠するためにお酒に頼るのも一つの方法かもしれません。お酒を飲むと誰でもリラックスして寝つきがよくなります。

 

お酒を飲めば寝つきはよくなるのですが、これを毎日頼っているのではいつの間にか少しの量では満足することができなくなってしまってアルコールの量も増えて依存症になる人もいます。

 

ですからお酒に頼ってばかりもいけませんが、たまにはお酒の力を借りてもいいかもしれません。

 

お酒の量を増やすようなことがないように、お酒に頼らないと眠れないというようなことがないように気をつけながらアルコールの力を少し借りるならいいかもしれません。
お酒は百薬の長ともいわれていますから適度に摂取するならいいのです。ですが体にとっては異物であるほかなにものでもありませんから寝ているときにアルコールの分解のために内臓にも負担がかかりますしエネルギーを使ってしまうことにもなります。

 

せっかく寝るという体を休ませる時間に体内を使わせるのは意味がないので、適度にたまにはお酒の力を借りて快眠する方法があるということを覚えておいた上で、寝ているときはできるだけ体をちゃんと休ませて上げる方向で考えていくといいでしょう

スポンサードリンク

体内時計をリセット関連ページ

快眠に効くツボとストレッチ
朝すっきりと起きるためには太陽の光を浴びたほうがいいですから、できるだけカーテンを少し開けておいて遮光カーテンなどはせずに、朝日が差し込む環境を作っておくといいでしょう。
快眠グッズ
安眠できずに悩んでいるとさらに不眠になり悪循環です。安眠できなければあせりますし、つらいことです。睡眠不足が続けば、免疫力が下がりますので、病気を引き起こす原因になり、体調不良や風邪などの原因にもなりますし美容にも悪影響です。

トップページに戻る