正しいケア方法

スポンサードリンク

かかとの角質・ひび割れ、正しいケア方法

スポンサードリンク

かかとの角質・ひび割れの正しいケアについてここでは紹介します。角質を放っておくとカサカサになってさまざまな影響を引き起こしますので、正しいケアの方法で毎日お手入れをしていきたいですよね。

 

軽石でこすってつるつるにさせるという方法の人もいますが、軽石でこするのは、いい方法とはいえません。

 

角質のケアをする際、軽石でこするなら、乾燥した状態で行うのではなくて、入浴をしているときに角質がやわらかくなったときにケアをすればいいと思っている人もいますよね。でもこれも間違いです。

皮膚に負担がかかります

やわらかいときに行えば皮膚に負担がかかりますから足裏・かかとケアをする際、一番いいのはお風呂に入る前だといわれていますので、お風呂に入っている皮膚が柔らかいときに間違えてもケアしないようにしましょう。

 

鑢を使うときは目の粗いものから順番に細かいものを使ってこすればツルツルになるでしょう。こするときは一定方向にしてあっちこっち方向を変えないことも大切なポイントです。

 

そしてケアをしたらそのままにしておかないで、しっかり保湿クリームを塗って保湿してあげることが大切です。

 

そのままにしておくと乾燥もひどくなりますし、せっかくケアしたことが意味のないことになりますので気をつけましょう。

スポンサードリンク

正しいケア方法関連ページ

ピーリングジェルでお手入れ
角質のケアはボディーケアの一部ですからそのことも考えた上でしっかりと保湿してケアしていきたいですね。簡単にできるお風呂でのお手入れの方法なども合わせて紹介していきますのでぜひ今日からでも実践してみてください。

トップページに戻る