酵母ダイエットについて

スポンサードリンク

夢のダイエット法!

スポンサードリンク

酵母ダイエットの基礎知識ですが、酵母ダイエットはビール酵母ダイエットという別名もついてます。酵母ダイエット、それは酵母の力にあるのですが、実は酵母という成分は炭水化物の糖質を体の中で分解する働きがあるのです。

 

酵母を摂取すれば炭水化物を減らす無理なダイエットをする必要がないというわけですね。ダイエットをしながら栄養もとれる夢のようなダイエット方法なんです!

 

 

酵母は炭水化物の糖質を体の中で分解する働きが

 

つまり炭水化物を減らす無理なダイエットをする必要がない


 

炭水化物の糖質を分解

ダイエット

酵母を摂取すれば炭水化物の糖質を分解してくれるのですから安心して炭水化物を食べることができます。

 

また酵母には食物繊維も豊富ですから便秘の解消からダイエットにつながりますし、またアミノ酸なども豊富に含まれていて、アミノ酸は基礎代謝がアップしますので、これまでと同じように動いていても自然に消費カロリーが高まっていてダイエットにつながるのです。

 

酵母を摂取したことがある人ならわかりますが、食前に取り入れると食欲が抑えられるのも特徴ですから食べすぎにも予防をすることができてこれらすべてがダイエット効果として働いてくれるのです。キレイになりながらダイエットができる優れた効果を発揮してくれます。


ではどうすればいいの?

酵母という言葉を聴いた事がある人の中には、パンなどで聞いたことがあって、天然酵母のパンという形で知ったという人も多いかもしれません。

 

酵母はイーストという微生物の種類のひとつでカビと一緒の種類に当たりますが、ヨーグルトやキムチ、パン、ビールなど発酵させて作る際に必要になるのが酵母です。酵母は発酵させますが、それは腐敗とは違います。

 

人の体にいい効果をもたらしてくれたり、味がおいしくなるという効果があるのです。酵母を体内に取り入れると、便秘の解消になったり脂肪燃焼効果がありますので、それが酵母ダイエットの原点です。

 

 

・体にとって体内酵素はもともと備わっているのですがそれが減ると、便秘になったり消化不良を起こしたり、脂肪が体につきやすくなり、中年太りになりやすい体型に

 

・酵母は積極的に取り入れることでスリムな体型を維持することができるのです


 

手軽にできて酵母を摂取するだけですからとても簡単です。
酵母のとり方をみてみましょう。

 

酵母の飲み方

酵母ダイエットを始めるなら酵母を飲まなくてはいけませんが、少しでもダイエット効果を実感できるようにするためにも、正しい酵母の飲み方を理解したほうがいいでしょう。

 

市販されている酵母はダイエットしやすいようになっていて、たとえばサプリメントとして顆粒や、錠剤で販売されています。顆粒や錠剤ならとても手軽に酵母を飲むことができますので、酵母の飲み方としては一番手軽です。

 

どんなタイプで酵母を取り入れてもいいのですが大事なこととして言えることは飲む時間帯(タイミング)です。

 

酵母というのは腸の中の働きを活発にしてデトックス効果をもたらしてくれますし、体の中で膨張して満腹感も促す効果もあります。そのため空腹の食事の前に飲むのが一番酵母の飲み方としていいタイミングです。

 

酵母の種類によっても違いますができれば水で飲むのが一番でしょう。顆粒の場合にはヨーグルトなどに混ぜて摂取することもできます。

 

プレミアム酵母の購入はコチラ!

天然酵母と人口酵母

酵母には天然酵母と人工酵母の2種類がありますが、この違いは培養する方法による違い。

 

天然酵母の培養基、これは大麦・小麦・もち米といったでんぷんや果実などの100%天然のものを使うのが一般的なのですが、人工酵母は違います。人工酵母は第一次世界大戦の末期に、食糧難に陥っていたドイツで生まれたのですが、楓の木から代用となる糖を採取して廃液に着目して作られているといわれています。

 

天然酵母は天然原料を使ってるので完熟になるまでに30時間ほど時間がかかるのですが科学合成物質はまったく使われていませんから誰でも安心して口にすることができます。

 

その一方で人工酵母は廃液と化学肥料が培養基ですから、化学物質が入っているので、コストは安いですが体に影響がないかどうかが心配です。人工酵母は一般的にイーストといわれてます。

 

酵母ダイエットは健康にダイエットをすることを目的にしていますから、もし酵母を選ぶのであれば天然酵母の製品をえらぶことをお勧めします。サプリなども天然酵母のものばかりが販売されているわけではありませんので、しっかりと選ぶようにしましょう。

酵母菌の種類は?

酵母菌には種類があります。酵母菌は、植物・大気中・土壌といった色々な場所にいてその種類も色々とあるのです。

 

酵母菌の作用は種類によっても色々と違いがあり、最近は作る製品にあわせた、最適な酵母菌を選んで純粋培養を行っているのが特徴です。

 

酵母の種類これは今現在わかっているだけでも、40属で350種類はあるといわれていますし、これからもまだまだ研究が続けられていきますので、増える可能性は十分にあります。

 

酵母菌の中で代表的なものはパン酵母、味噌酵母、ビール酵母、チーズ酵母などでしょうか。ビール酵母はアルコール醸造に使われています。ダイエットとして酵母を取り入れたダイエットをするならビールを作るときに使われるビール酵母が一般的です。

 

ビール酵母がなぜダイエットに使われるのか、それはこれ以外の酵母菌と比較するとアミノ酸、ビタミンB群といった栄養素がかなり豊富に含まれていて、脂肪が体に吸収されるのを抑えてくれる働きの核酸も入っているからなのです。ですからビール酵母を健康やダイエットのために用いるためにサプリメントとして製品化されています。

 

同じ酵母の種類でも、製品によって特徴がそれぞれ違っているので自分の目的に合わせて選んでもいいですね。

酵母菌と乳酸菌の違いは?

酵母菌と乳酸菌の違いは何なのでしょうか。どちらも共通して、食品を発酵させる微生物であるということは違いがありません。

 

酵母菌も乳酸菌も、食品の発酵をさせるならなくてはならない微生物なのでどちらも一緒だと思われがちなのですが、糖質から作り出す物質に違いがあります。微生物は糖質を代謝していることで色々な成分ができるのですが、乳酸菌は菌そのものの成分の合成、生育に必要となるエネルギーを取り入れることで乳酸ができます。

 

その一方で酵母菌の場合には糖質が代謝してアルコールと炭酸ガスが作られるのです。乳酸菌はアルコール濃度が高ければ死滅してしまいますが、酵母菌は酸性の環境がすきなので乳酸が豊富な場所でも行き続けられるのです。

 

詳しいことを言い出すとちょっと混乱しそうですが乳酸菌と酵母菌は発酵には欠かせないものでありながらもまったく違う性質を持っているということです。
今両方を混ぜた製品ケフィアも販売されています。

 

ケフィアは乳酸菌だけで作られたヨーグルトではなくて乳酸発酵と酵母によってアルコール発酵おきて二つの相互作用で作られているのです。栄養価も普通のヨーグルトよりも高いですし美容にも健康にも効果的なのです。

 

プレミアム酵母の購入はコチラ!

スポンサードリンク

酵母ダイエットについて関連ページ

酵母菌の効果
色々な場所で酵母ダイエットが取り上げられているのですが実際に効果はあるのでしょうか。このサイトでは酵母ダイエットの基礎知識から順番に詳しく見ていきたいと思います。
酵母菌の効果的なとりかた
色々な場所で酵母ダイエットが取り上げられているのですが実際に効果はあるのでしょうか。このサイトでは酵母ダイエットの基礎知識から順番に詳しく見ていきたいと思います。

トップページに戻る