爪もみ

スポンサードリンク

爪と免役力 自律神経を正常にする

スポンサードリンク

免疫力を高めるために行うために、毎日できることがあります。それが爪もみです。爪には、自律神経を刺激することができます。特に、生え際に神経線維が密集しています。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経のことで、乱れることで免役がうまくいかないとされています。副交感神経のリラックス作用がスムーズ働かない、血流が悪くなってしまうことから、体内の老廃物の排出ができなくなってしまいます。

 

自律神経を正常にすることは、免疫力を上げることになり、爪もみをすることで自律神経を正常に保つことができます。

 

爪もみの方法

爪もみの方法は簡単です。両手の爪の生え際をつまむことになります。0秒の刺激を与えることで、自律神経に効きます。痛気持ち良い程度が良いのですが、気持ちよさが持続する場合には、20廟くらい行ってみてください。

 

交感神経は薬指、副交感神経はその他の指に効き目があるとされています。1日数回の刺激でOK。少し疲れているとき、ストレスが溜まっている時に行うとより効果的です。免疫力が高くなって、自然と体が元気になっていきます。

 

爪もみのルール

一種のツボのようなものですが、全ての指の爪もみで効果があるとされています。爪もみのルールとして、1本の指だけをしないことです。特に薬指は自律神経の中でも交感神経を刺激することになり、免疫力を下げるとされています。

 

これは、免疫力の中でも副交感神経の働きが重要なことを示しています。爪もみをするとき、必ず全ての指を行うようにしましょう。

 

スポンサードリンク

爪もみ関連ページ

バランスの良い食事
免疫力を高めるための食事は、何を食べても良いわけではありません。 肝心なのは、バランスをとることです。 生きていく基本のことですが、バランスの良い食事は免疫力を高める効果があります。
良質な睡眠
、神経の休憩は免疫力と関係があります。 自律神経の交感神経と副交感神経によって支配されている体は、そのバランスを摂ることが重要です。 起きているときの交感神経は、興奮状態にあります。
体温を上げる
体温を上げると免疫力もアップします。体温が1度下がると、30%の免疫力がダウンすると言われています。 なぜ、体温を上げると免疫力が上るのでしょう? その理由は、血液にあります。
適度な運動
運動をすると、血流が良くなります。 免疫力を高めること、健康になることになります。 美容面もダイエットにも全て効果があります。 血液が細胞全てに栄養と酸素を届けて、老廃物をもらいます。
たくさん笑う
免疫力と言うのは、自分の意志で操作することはできません。 自律神経のなせる技ですが、笑うことでその機能が高まります。 笑いと免疫力についての関係で、気になるデータがあります。
ストレスを発散しよう
身体的精神的な強烈なストレスがかかると、副交感神経の働きが鈍くなります。 副交感神経は内蔵の働きと関係があり、食べたくない、元気が出ない事が続くことになります。
腸内環境を整える
腸内環境を良くすることは免役機能を高めることになります。 口から入る細菌やウイルスは、口や胃の中である程度退治されることで、病気ならないとされています。

トップページに戻る