オーガニック化粧品の基礎知識

スポンサードリンク

オーガニック化粧品の基礎知識

スポンサードリンク

今の時代、女性も男性も美への欲求は高まっていますし成分についても細かい部分までチェックして選ぶ思考の人が増えています。一方、いろいろな合成成分、石油由来の成分が入っている化粧品が増えているのも現状です。

 

これらは速効性があったり、目に見えて効果が現れるかもしれませんが、それと同時に肌本来を回復、修復していることではないのです。長い期間使い続ければ肌にダメージを与えたりすることにつながることも少なくないでしょう。

 

そういった時代背景の中で、ハーブ、漢方薬に見られる昔から伝わっている自然の療法を取り入れて天然の成分のみで使った安全で安心して使える化粧品を使いたいと思った人が増えました。

 

 

オーガニック化粧品は市販されている普通の化粧品に比べると、決して即効性は高いとはいえませんが、肌の奥深くからしっかりと浸透して効いていきますので、健康でとてもきれいな肌を作ることにつながります


 

見た目だけの美しさではなくて根本的にしっかりと改善してくれるというのがオーガニック化粧品の基本なのです。

 

エイジングケア(エイジングケア)にも効果的!

オーガニック化粧品の誕生と歴史

オーガニックコスメ

オーガニック化粧品といっても具体的にはどんな化粧品があるのでしょう?

 

まずオーガニック化粧品は自然派化粧品という種類があります。その成分は植物系原料1種類だけで作られているというもので、たとえばアロエであったり、大豆であったり、糸瓜を使ったりすることが多くて、植物原液100パーセントで作っているのです。

 

そしてもう1つの種類が天然素材を使ったオーガニック化粧品です。化学物質、鉱物系の成分を含んでいることもあるので注意しましょう。天然素材を使っていてこれらが入っていてもオーガニック化粧品という扱いになるのです。

 

 

例えば『クレイ』

 

クレイというのは粘土で、鉱物系の成分の事。植物成分だけのオーガニック化粧品になればクレイは使えず、米ぬかなどを代用して使うことが多いでしょう


 

オーガニック化粧品といってもこのように種類がいろいろとありますので、あなたが使用しようとしている種類はどのような種類なのかしっかりと探してみるといいかもしれませんね。

 

場合によっては鉱物、化学物質を使っているタイプのオーガニック化粧品などもあるかもしれませんのでよく調べましょう。


オーガニック化粧品の種類

オーガニックコスメ

オーガニック化粧品ができた歴史や誕生について考えていきましょう。

 

スキンケア化粧品というのは昔はオーガニックな作り方で作られるというのが一般的でした。昔は果物や花などを使って作られていました。

 

日本でも江戸時代には家庭用化粧水を作る機械などもあって、花を蒸して蒸留水を作ってました。ですがオーガニック化粧品はそんなに長くは続きませんでした。

 

なぜなら時代のニーズから一般的に化粧品が流通すれば保存状態を長持ちさせることを目的に化学物質を入れたりして腐らないようにするなどして、今出回っている化粧品が主流になったのです。これが添加物を入れた化粧品になります。

 

ですがこれは時代のニーズにはかなっていたかもしれませんが肌トラブルになりやすく、特に敏感肌の人などは肌に負担が大きすぎてトラブルを起こす人も大勢いたのです。それがきかっけでまたオーガニック化粧品が見直されるようになりました。

 

もともとは昔からあったオーガニック化粧品ですが、また最近注目されるようになって、そしてリニューアルしたというわけです。保存状態や便利さよりも、肌への負担やダメージなどを考えて肌に安心して使える化粧品を使いたいと思っている人が増えていると考えられます。

 

 

オーガニック化粧品の認証ですが、どんな化粧品でもオーガニックだったらオーガニック化粧品としてもいいというわけではないのです。
オーガニック化粧品の法律的な定義はありません。世界的に標準であるという明確な定義もありませんが、フランスやドイツ、オーストラリアでは、化粧品だけでなく食品でもオーガニックの基準というのは国のレベルできちんと認証されてます。

 

この基準というのがとても厳しくて、これらの先進国ではオーガニック化粧品と認められるのにかなりの努力が必要なので、販売側、開発している側もかなり努力しているとされています。

 

日本ではオーガニックを認証する法律はありません。
国際的な基準で添加物が入っていないといった徹底的措置を自主的にしている会社もあるのですが、添加物だけは使っていて、植物由来の化粧品だからといって、それだけでオーガニック化粧品と称して販売しているところもあります。

 

会社によって違いはあるもののオーガニック化粧品の認証としてはパラベンフリー、フェノキシエタノールフリー、アルコールフリー、シリコンフリー、ミネラルオイルフリー、プロピレングルコールフリー、オイルフリーなどがありますし、動物実験をしないこともオーガニック化粧品として認証している会社もあります。


スポンサードリンク

オーガニック化粧品の基礎知識関連ページ

おすすめオーガニック化粧品
オーガニック化粧品は肌や人体に有害である化学物質が一切含まれていないのが特徴ですから安心して毎日使い続けることができるだけでなく、長い間使い続けてもいいという理由から、オーガニック化粧品はとても人気があるのです。

トップページに戻る