抗酸化食品が効果的

スポンサードリンク

抗酸化作用のあるものを吸収しよう

スポンサードリンク

体の中に活性酸素を増やさず、病気の原因を作らない為にも抗酸化作用があるものを吸収することはとても大切。抗酸化物質とは体で作られてるもので、それが抗酸化作用を持っている物質なのです。

 

アタラーゼ、スーパーオキシドディスターゼ、ペルオキシダーゼなどがあります。

 

抗酸化物質は、体の外から抗酸化作用を持っている栄養素として取り入れることができて、抗酸化物質としてはビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミン、そして亜鉛、セレンといった抗酸化ミネラル、ポリフェノール、カテキンなどのフィトケミカルがあります。

 

普通は体の中で作られる抗酸化酵素で抗酸化作用は足りると思われているのですが、抗酸化酵素が体の中で作られるピークというのは20代ですので、それ以後は低下して足りなくなってしまいます。

抗酸化作用に効果がある栄養素は何?

活性酸素が、ストレスを受けるタバコを吸ったり紫外線や環境ホルモンといった影響を受けて年々増えていると考えられていることから、抗酸化物質が豊富に入っている食べ物をできるだけ多く吸収するために摂取する必要があります。
抗酸化作用に効果がある栄養素はどんなものがあるのでしょう。

 

活性酸素 亜鉛 
レバーやバナナ、マカ、ドラゴンフルーツ、シカの肉、チョコレート、ココアなどに含まれているといわれていますが抗酸化作用に効果があり。

 

活性酸素 アスタキサンチン
アスタキサンチンは最近化粧品の成分としても知られている成分ですが、イクラ、鮭、鮭の筋子、ますに入ってます。

 

活性酸素 アップルペクチン
リンゴの中に入っている成分なのですがこのアップルペクチンも抗酸化作用がある成分として知られています。

 

活性酸素 アリシン
アリシンはねぎ、リーキ、にんにく、にら、たまねぎに含まれる成分です。

 

活性酸素 カロチン
カロチンも抗酸化作用があるとされる成分で主にかぼちゃやにんじんに含まれています。

 

活性酸素 アルファリポ酸
最近になって効果があることがわかりました。これはサプリメントなどでもおなじみですが、じゃがいも、トマト、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、レバーの中に含まれてます。

 

他には、

アントシアニン(ブルーベリーに含まれる成分)、オレイン酸、カカオポリフェノール、カテキン、カルノシン、カロテノイド、グルタチオン

なども抗酸化作用がある成分として知られています。

抗酸化作用のある食品『ポリフェノール』

抗酸化作用がある食品としてポリフェノールが含まれる食品があります。

 

ポリフェノールというのはとても強い抗酸化作用を持っているのです。体の中の細胞の酸化を予防する働きがあることがわかっているのですがその中でもポリフェノールはずば抜けて注目されているのです。

 

ポリフェノールは特に注目されている食品ですがポリフェノールを含んでいる食品は赤ワインであったり、チョコレートや日本茶などが有名です。野菜の中にもポリフェノールがふくまれてるものがあり、春菊、ブロッコリーなどにも入っています。

 

 

〜抗酸化作用が入っている食品を見分ける見分け方〜

 

酸味が強い、渋みが強い、色が鮮やかなことなどがポリフェノールをはじめとする食品の特徴


 

おもな代表的な食べ物をあげてみましょう

野菜
春菊、さつまいも、れんこん、しし唐、ブロッコリー、トマト、ハーブ
果物
いちご、ぶどう、りんご、バナナ、マンゴー、ブルーベリーなど
飲み物
赤ワイン、緑茶、ビール、コーヒー、ココアなど
その他
大豆などの豆類、大豆の加工食品、そば、チョコレート、ゴマなど

活性酸素とビタミンC

活性酸素

ビタミンCは活性酸素を無害化し、それが抗酸化作用ということなのです。

 

もともと活性酸素は、体内のウイルス撃退などにも役立つ存在とされていますが、その数が増え始めると、悪いやつになってしまいます。
そこでビタミンCを効果的に摂るようにすると、最後まで活性酸素はいいやつで終わることができます。

 

ビタミンCというと、馴染みのあるものですが、野菜やくだものに豊富に含まれていますが、熱に弱く多く摂り過ぎることで、簡単に排出されてしまうという弱点もあります。

 

臓器を傷つけるだけではなく、活性酸素はお肌にも敵になります。美容のためにも必要なものですから、多すぎるくらいでOKでしょう。

 

 

ビタミンCのとり方

 

・なるべく生で
・熱を通したものならたくさんの量
・排出しても良いくらいビタミンCは毎食とる


 

活性酸素は、造らないことが大切。といっても、呼吸をしただけで発生してしまうとうのですから、造らないことはできない。実は、タバコを吸う、寝不足、ストレス、紫外線をあびることで、活性酸素測って増えると言われています。

 

ですから、これらのことをしない生活を送ることをオススメします。それと同時にビタミンCを毎日食べて、効果的に活性酸素を待ち受ける事がベストでしょう。


抗酸化作用のある『ビタミンE』の入った食品

活性酸素

ビタミンEは血液の流れをよくしたり、新陳代謝をアップしたり、体の中に入った酸素が活性酸素に変化するのを予防するのがビタミンですが、油と一緒に摂取すればとても吸収率がアップするのが特徴です。ビタミンEは抗酸化物質で細胞が正常に働くように維持しますし、酸素の利用効率をアップして、組織が成長できるようにする効果もあるのです。

 

普段の食生活の中で栄養バランスを考えている人は多いと思いますが、その中でやはりしっかりとビタミンEの摂取を心がけることはとても大切なことです。
体が錆びないようにするためにもビタミンEが豊富に含まれる食品をがんばって摂取しましょう。

 

そして食品だけで補えない場合には、場合によってはサプリメントなども併用していくといいでしょう。

 

活性酸素 ビタミンEを豊富に含んでいる食品

モロヘイヤ、ニラ、かぼちゃ、ほうれん草、アーモンド、落花生、うなぎ、ハマチ、毛がに、サーモン、ツナ缶、たらこ、卵、玄米、ひまわり油

 


『βカロチン』で抗酸化対策

活性酸素

がんを抑える働きがあるとして注目されている栄養素の中にβカロチンがあります。

 

βカロチンといえばにんじんの中に含まれていたり、ほうれん草などの緑黄色野菜の中にも含まれているオレンジの色をしているのが特徴で化学物質名はカロチノイドです。βカロチンが豊富に含まれている食品を摂取すれば抗酸化対策に繋がります。

 

活性酸素 βカロチンが豊富に含まれている食品

かぼちゃ、スプラウト、タオサイ、ゆず、マンゴー、桑の葉、さつまいも、あさつき、明日葉、オクラ、貝割れ大根、かぶの葉、かぼちゃ、クレソン、ケール、こまつ菜、しそ、春菊、大根の葉、青梗菜、つるむらさき、菜の花、ニラ、にんじん、パセリ、ねぎ、ブロッコリー、三つ葉、モロヘイヤ、あんず、スイカ、びわ、ひじき、うに、緑茶、菊、さやいんげん、さやえんどう、のり、高菜、ずいき、ダイダイ

 

βカロチンを毎日の食生活の中に取り入れて抗酸化対策を行いましょう。

 

 

・βカロチンは油に溶ける性質が
油で炒めたり、胡麻和えするとβカロチンの吸収が活発に

 

・EPAやDHAとは別々に摂取
βカロチンの体への吸収を妨げる可能性がある



抗酸化作用に効果のあるサプリ

栄養バランスをしっかりと考えて食事を作るということは意外と大変なことですよね。そこで食品から摂取できない場合には、サプリメントを使って補うといいでしょう。

 

サプリメントはとても手軽に摂取できますし、栄養バランスを考えなくてもいいのです。

 

 

どんなサプリメントを選べばいいの?

 

アスタキサンチン、コエンザイムQ10、アルファリポ酸、トコトリエノール、天然ビタミンE、アスコルビン酸パルミテートなどを含むもの


 

こうしたサプリメントを選ぶことで抗酸化作用がありますので、毎日の食事で補うことができずにしっかり摂取できていない場合でも補えて手軽です。毎日少し飲めば効果がありますし、とても続けやすいのでこれなら手軽に誰でも抗酸化対策ができるでしょう。

 

活性酸素 おすすめサプリ

 

話題のセレブ愛用マキベリーサプリメント。
アサイーを凌ぐ究極のエイジングケア!
昨年流行したアサイーをはるかに凌ぐスーパーフルーツとして、海外セレブの間で今話題の『マキベリー』を凝縮したサプリメント。
今年のトレンドフルーツになるのは間違いなし!
雑誌やTVなどでも特集されました!!

 

アサイーをはるかに凌ぐエイジングケア”マキベリー”


src=http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=141203295852&wid=001&eno=01&mid=s00000014140001007000&mc=1

 

野菜を沢山食べるだけでエイジングケア

ア人間は誰でも老いていくのですが、エイジングケアとは、その老いの進み方を少しだけ遅らせようというものです。そこで、肌に良い高級化粧品ということになりますが、本当のエイジングケアは違います。

 

真からのエイジングケアの基本となるのは、体内からのケアが大切だと言われています。高級化粧品では美肌は生まれませんし、臓器にしても同じことです。

 

そこで、野菜の栄養を使って、特にビタミン類を豊富に食すことで、効率的なエイジングケアを進めることが良いとされています。野菜をこれでもかというくらい毎日食べることで、必ずエイジングケアができます。

 

そう確信ができるのも、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラルが、代謝を良くして、要らないものが排出される仕組みをスムーズに組み立ててくれるからなのです。もちろん良質なたんばく質を食べた上での話です。

 

野菜中心の生活にするだけで、驚くほどのエイジングケア、実践してみてください。毎日野菜をたくさん食べる、それだけです。

スポンサードリンク

抗酸化食品が効果的関連ページ

体の酸化で体が錆びる
体が酸化してしまえば体がさびるといいますが、まさにそのとおりで病気をしやすくなったりさまざまな病気を引き起こしたりしてしまうのです。
活性酸素を減らす生活習慣
普段何気なく過ごしていることでももしかすると活性酸素を増やす原因になっているかもしれませんので、活性酸素を減らす生活習慣に改善していきましょう。

トップページに戻る