体内での働き

スポンサードリンク

病気の予防にも

スポンサードリンク

人間が持っているサーチュイン遺伝子というのは7種類もあるといわれています。そして、サーチュイン遺伝子が活性化されれば病気の予防にもつながります。

 

その7種類のサーチュイン遺伝子全部が私たち人間の細胞の中にある、ミトコンドリアの活性化にもつながっていることもわかったのです。ミトコンドリアとは、私たちの細胞の中に住み着いています。

 

地球が酸素で覆われたはるか昔に単体細胞は酸素の毒によって絶滅しそうになったのですがそのときに生まれたのがミトコンドリアでした。ミトコンドリアは酸素を使いエネルギーにして酸素を毒ではなくて無害にしています。

 

ミトコンドリアはエネルギーを作ってくれますが作り出したら活性酸素を出します。活性酸素は細胞を壊すことにつながり、これが老化になります。

 

ですから私たちの体の中のミトコンドリアが、元気で体の中にいてくれさえすれば活性酸素が発生しません。そして人の体の中には7種類のサーチュイン遺伝子がありますが、ミトコンドリアの活性化につながり新しいミトコンドリアを増やすこともわかっているので、それが老化を予防することにつながるのです。

 

年齢を感じさせない“若々しさ”を【レスベラE+C】はこちら

活性酸素を抑える働きが

健康

サーチュイン遺伝子が活性化されることは免疫細胞の暴走を抑えることにつながります。サーチュイン遺伝子を目覚めさせるのはレスベラトロールですが、このレスベラトロールの効果や効能として免疫細胞が体の中で暴走するのを抑えて、免疫細胞が血管の壁に入って動脈硬化を引き起こしたりすることを抑えたりします。

 

生活習慣病が引き金になり、それが命取りになってしまう人は多いですが、つまりサーチュイン遺伝子を目覚めさせるレストベラトロールの効果や効能によって、免疫細胞の暴走を抑えることができれば、それによって生活習慣にかかったり、病気になったりすることを予防することができるのです。

 

またレスベタロールがミトコンドリアを増やしてくれますので、活性化されて、全身がさびて老化の原因になっている活性酸素が増えるのを防ぐことができるのです。免疫細胞が暴走してしまえば、それは、がんを引き起こしたりさまざまな病気を引き起こすことにもなりますので、サーチュイン遺伝子を活性化させることは病気に掛かりにくい体にして、そして寿命を延ばしたり老化を遅らせたりすることにつながるのです。

 

人間の体にとっては画期的な老化防止、寿命を延ばす方法として今注目されています。


スポンサードリンク

体内での働き関連ページ

サーチュイン遺伝子って何?
あることに気を付ければ老化を遅らせて、そして寿命を長くすることができることがわかったのです。そのキーポイントになっているのが『サーチュイン遺伝子』なのです。
サーチュイン遺伝子を活性化させる!
あることに気を付ければ老化を遅らせて、そして寿命を長くすることができることがわかったのです。そのキーポイントになっているのが『サーチュイン遺伝子』なのです。

トップページに戻る