内臓脂肪の基礎

スポンサードリンク

生活習慣病に注意

スポンサードリンク

内臓脂肪か増えると、生活習慣病になる可能性がとても高くなります。脂肪は体内においては、最小限必要なものとされていますが、内臓に付着するものは、いわば必要のない脂肪。排出する事ができない、余計に食べたものが仕方なく内臓についてしまっています。

 

その内容は、悪玉菌をたくさん所有していて、内蔵に付着することで、血液などに攻撃を与えます。特に糖分の代謝を悪くすることから、インスリンの働きを悪化させると言われています。これが生活習慣病や万病の元になるとされています。インスリンの働きが悪いということは、糖尿病のリスクが高まり、その他の血液の障害を起こす原因になります。

CTなどで確認を

生活習慣病の方で、内臓脂肪が多い方は少なくありません。糖尿病だけではなく、高血圧や動脈硬化などのリスクが高まります。筋肉にも付着する内臓脂肪は血流だけではなく、血管の働きも悪化させることになります。

 

そうすることで、ますます生活習慣病は悪化していくとされています。生活習慣病と診断された方は、かならず内臓脂肪のCTスキャンで、確認をすることをお勧めします。

有酸素運動のススメ

内臓脂肪はついていて良いことは何もありません。ですから、毎日食事に気をつけて、継続的な運動をすることで、少しずつ落とすことを考えてください。

 

内臓脂肪だけが原因の生活習慣病ではなく、ほかの病気にかかる可能性も高いことから、少しの内臓脂肪の時に対処することが大切です。つきやすいですが落としやすいという特性を生かして、持続的な有酸素運動が効果的です。

スポンサードリンク

内臓脂肪の基礎記事一覧

内臓脂肪が溜まりやすい人

内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。人間は、毎日かならず食物を食べなければ生きていくことはできません。そして、何もしていなくても基礎代謝と言って、エネルギーは確...

≫続きを読む

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪は違います。と言っても、脂肪自体は同じですが、場所に違いだけで、体内に余計な脂肪が多いことで言うと同じです。皮下脂肪は、つまむことができるもので、皮ふのすぐ下についた脂肪ですが、内臓脂肪はつかむことが出来ない、自覚がない脂肪です。脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓...

≫続きを読む

献立作りのコツ

内臓脂肪を減らすための献立のコツは、カロリーは少ないけれどお腹がいっぱいになるものが良いでしょう。太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。そこで、献立としては、野菜を中心としたもので、品数を多くして...

≫続きを読む

メタボ診断の基準

メタボというと、メタボリックシンドロームのことを言います。日本語で言うと、動脈硬化が起因となる疾患の危険性が高い複合型リスクの症状がある方ということになります。メタボで起こりえる疾患には、心筋梗塞や脳梗塞があり、いずれも生命の危機を及ぼす重大な疾患のリスクが高くなるとされているものです。ですから、早...

≫続きを読む

注目のホルモン『アディポネクチン』

アディポネクチンとは、超善玉菌です。内臓脂肪の細胞内で作られるものです。メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。血液内にあるアディポネクチンは、傷ついた血管内に入り修復をするもので、等や脂肪の代謝を助けます。内臓脂肪ないにありなが...

≫続きを読む


トップページに戻る