献立作りのコツ

スポンサードリンク

献立作りのコツ

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らすための献立のコツは、カロリーは少ないけれどお腹がいっぱいになるものが良いでしょう。太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。そこで、献立としては、野菜を中心としたもので、品数を多くして、噛んで満腹感があるものを用意することで、脳にたくさん食べたと思わせる事ができればベストです。

 

油を使用しないというのは、無理ですから、脂肪がたまらない植物油を利用することも必要です。

薄味にする

料理の味付けを全般的に薄くすることで、主食が進むのを避けるのも一つの方法です。内臓脂肪の中で、脂肪分ばかり頭がいきますが、体内で脂肪に変換される糖分の摂り方も考えてみましょう。

 

糖分といえばご飯です。ご飯が進む味付けの濃いものは避けて、薄味で仕上げることで、ご飯をたくさん食べないようにするのも、内臓脂肪を減らすには大切なことです。

朝食のススメ

必ずバランスを考えた献立を作ってください。タンパク質、炭水化物も、ビタミン、脂質もゼロというのは厳禁です。減らすものは炭水化物であり、その他ビタミンなどはたくさん食べたほうが内臓脂肪を減らすには効果的です。

 

何よりも朝食をきちんと食べる献立はお勧めです。朝、多少たくさん食べたとしても、昼食と夕食を抑えた献立にすることで、内臓脂肪に関係することはありません。朝からガツガツ食べられる生活習慣をつけるところから、献立も考えてみると良いかもしれません。

スポンサードリンク

献立作りのコツ関連ページ

内臓脂肪が溜まりやすい人
内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。 生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓脂肪で、定期貯金が皮下脂肪だと思ってください。皮下脂肪つきにくく落としにくい、定期貯金のように、簡単には引き出すことができません。
メタボ診断の基準
2005年に制定された基準では、それぞれの数値が決められています。 数値だけではなく、CTスキャンによる内臓脂肪の確認なども含まれています。
注目のホルモン『アディポネクチン』
アディポネクチンとは、超善玉菌です。 内臓脂肪の細胞内で作られるものです。 メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。

トップページに戻る