メタボ診断の基準

スポンサードリンク

メタボ診断の基準

スポンサードリンク

メタボというと、メタボリックシンドロームのことを言います。日本語で言うと、動脈硬化が起因となる疾患の危険性が高い複合型リスクの症状がある方ということになります。メタボで起こりえる疾患には、心筋梗塞や脳梗塞があり、いずれも生命の危機を及ぼす重大な疾患のリスクが高くなるとされているものです。

 

ですから、早めの対処が健康によいとされていて、メタボの診断基準が出来ました。2005年に制定された基準では、それぞれの数値が決められています。数値だけではなく、CTスキャンによる内臓脂肪の確認なども含まれています。

メタボの数値

メタボの診断基準は、内臓脂肪蓄積をしていると推定された上で、ウエスト周囲径が男性85センチ、女性90センチです。この数値が基本になった上で、血圧・血糖・血清脂質の数値を測定します。

 

それぞれの基準は、血圧で130/85mmHg以上、血糖値は110mg/dl以上、血清脂質はトリグリセリド値150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満です。この3項目のうち2つの数値に合致することで、メタボの診断がくだされることになります。

もし、これらの数値に合致していない場合でも、メタボ予備軍も数多く存在するとされています。数値にあと少し足りないという段階の場合、いつメタボになってもおかしくないとされています。

 

また、数値は大丈夫でもCTスキャンによって内臓脂肪が確認された場合、メタボと同様の治療や生活改善指導があります。メタボと内臓脂肪に関係について密接なものとして、たいてい同時に検査を受けることが望ましいとされています。

スポンサードリンク

メタボ診断の基準関連ページ

内臓脂肪が溜まりやすい人
内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。 生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓脂肪で、定期貯金が皮下脂肪だと思ってください。皮下脂肪つきにくく落としにくい、定期貯金のように、簡単には引き出すことができません。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。
注目のホルモン『アディポネクチン』
アディポネクチンとは、超善玉菌です。 内臓脂肪の細胞内で作られるものです。 メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。

トップページに戻る