注目のホルモン『アディポネクチン』

スポンサードリンク

注目のホルモン『アディポネクチン』

スポンサードリンク

アディポネクチンとは、超善玉菌です。内臓脂肪の細胞内で作られるものです。メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。

 

血液内にあるアディポネクチンは、傷ついた血管内に入り修復をするもので、等や脂肪の代謝を助けます。内臓脂肪ないにありながら、内臓脂肪が増加すると減少してしまうというもので、なぜそうした働きをするかなどについては解明されてしません。内臓脂肪などに付く脂肪細胞は、何かと悪者にされていますが、良いホルモン分泌も存在することがわかり、その存在そのものの総称がアディポネクチンと名付けられています。

アディポネクチンの発見

アディポネクチンは血管内で働くことから、動脈硬化や糖尿病を改善予防するとされています。脂肪細胞は人間になくてはならない存在あったことは確かですが、アディポネクチンの初見は1996年というのですから、最近になって、改めて証明されたことになります。

 

ただし、内臓脂肪が増加することは、糖尿病や動脈硬化にとってはマイナスであり、アディポネクチンも減ることから、バランスの良い脂肪の付き方が良いとされています。

アディポネクチンを増やすには?

アディポネクチンを増やすためには、内臓脂肪を減らすことが大切です。食品の中に入っていると言うよりは、内臓脂肪を溜めない食生活をして、適度な脂肪がある段階で増やすことができるとされています。ですから、食生活と運動に気をつけて、内臓脂肪を増やさないことが、アディポネクチン増加に効果的だといえます。

スポンサードリンク

注目のホルモン『アディポネクチン』関連ページ

内臓脂肪が溜まりやすい人
内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。 生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓脂肪で、定期貯金が皮下脂肪だと思ってください。皮下脂肪つきにくく落としにくい、定期貯金のように、簡単には引き出すことができません。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。
メタボ診断の基準
2005年に制定された基準では、それぞれの数値が決められています。 数値だけではなく、CTスキャンによる内臓脂肪の確認なども含まれています。

トップページに戻る