内臓脂肪が溜まりやすい人

スポンサードリンク

内臓脂肪が溜まりやすい人

スポンサードリンク

内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。

 

人間は、毎日かならず食物を食べなければ生きていくことはできません。そして、何もしていなくても基礎代謝と言って、エネルギーは確実に使用しています。

 

しかし、内臓脂肪を含めて、脂肪がつくということは、毎日使用するエネルギー以上に、食物を食べているからです。その内容が、脂肪分が多い方の場合、内臓脂肪が増えることで、これが野菜ばかりですと、内臓脂肪の心配はないとされています。

勝手に溜められる脂肪

人間の体は、非常事態に備えて脂肪を蓄える機能を持っています。ですから、あまり脂肪を取れなくても、自然と体内に脂肪がたまる仕組みがあります。それは、内臓脂肪ではありません。

 

ですから、毎日最低限の脂肪だけで十分なのですが、どうしても脂肪分の多い食事をしてしまうことで、徐々に内臓脂肪として体内についてしまうのです。

改善と予防

ですから、内臓脂肪の改善と予防には、脂肪分をあまり食べないことと運動をして、余計な脂肪分を使ってしまうと良いでしょう。自分は内臓脂肪が溜まりやすい、体脂肪が多いと思った時から、地道な運動の継続によって、確実に内臓脂肪を減らすことが出来ます。

 

脂肪ゼロの食生活ではなく、最低限のものを摂るようにしてください。そうすることで、内臓脂肪が溜まりやすい人を脱却することも出来ます。

スポンサードリンク

内臓脂肪が溜まりやすい人関連ページ

内臓脂肪と皮下脂肪の違い
脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓脂肪で、定期貯金が皮下脂肪だと思ってください。皮下脂肪つきにくく落としにくい、定期貯金のように、簡単には引き出すことができません。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。
メタボ診断の基準
2005年に制定された基準では、それぞれの数値が決められています。 数値だけではなく、CTスキャンによる内臓脂肪の確認なども含まれています。
注目のホルモン『アディポネクチン』
アディポネクチンとは、超善玉菌です。 内臓脂肪の細胞内で作られるものです。 メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。

トップページに戻る