内臓脂肪と皮下脂肪の違い

スポンサードリンク

内臓脂肪と皮下脂肪

スポンサードリンク

内臓脂肪と皮下脂肪は違います。と言っても、脂肪自体は同じですが、場所に違いだけで、体内に余計な脂肪が多いことで言うと同じです。皮下脂肪は、つまむことができるもので、皮ふのすぐ下についた脂肪ですが、内臓脂肪はつかむことが出来ない、自覚がない脂肪です。

 

脂肪を貯金に例えて言うと、預入引き出し自由なのが内臓脂肪で、定期貯金が皮下脂肪だと思ってください。つかめるのだから、簡単に落とせそうな皮下脂肪ですが、実はつきにくく落としにくい、定期貯金のように、簡単には引き出すことができません。

ホルモンの違い

皮下脂肪は女性につきやすく、内臓脂肪は男性につきやすいとされています。これは、ホルモンの関係で、男性ホルモンは筋肉がつきやすいと同時に内臓脂肪も溜め込みやすいとされています。

 

ということは、内臓脂肪が減りやすいことに関係していて、エネルギー消化がし易い男性ほど、内臓脂肪も操作しやすいことを意味しています。女性は一度脂肪がつくとなかなか取れないというのは、女性ホルモンの影響になります。要するに、一度溜めた脂肪は皮下脂肪として溜めておく性質がある事になります。

減らすことが簡単な内臓脂肪

内臓脂肪は簡単につきやすいのですが、皮下脂肪は少しずつ増えていく特徴があります。つきやすいことでいえば、内臓脂肪は血管や臓器にすぐついてしまうことから、健康を害するリスクが高いとされています。

 

しかし、内臓脂肪を減らそうと意識を持って運動することで、皮下脂肪より早く内臓脂肪は減らすことが出来るということです。

スポンサードリンク

内臓脂肪と皮下脂肪の違い関連ページ

内臓脂肪が溜まりやすい人
内臓脂肪が溜まりやすい人は、いつもお腹いっぱい食べる、脂肪分の多い食事を好んで食べる、アルコールが好きな方です。 生活面においては、運動をしていない、夜間に食事をする方などです。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。
メタボ診断の基準
2005年に制定された基準では、それぞれの数値が決められています。 数値だけではなく、CTスキャンによる内臓脂肪の確認なども含まれています。
注目のホルモン『アディポネクチン』
アディポネクチンとは、超善玉菌です。 内臓脂肪の細胞内で作られるものです。 メタボと戦うことができるホルモンとして注目されていますが、内臓脂肪の細胞に存在するということが不思議ことです。

トップページに戻る