内臓脂肪の原因

スポンサードリンク

内臓脂肪の原因

スポンサードリンク

内臓脂肪が増える原因はいくつかあります。たいていの方の原因とされるのは、食べ過ぎです。毎日消費されるエネルギー以上の食べ物を食べてしまうことです。人間は、食べ物を口に入れ、消化してエネルギーとして蓄えます。

 

そして、生きていくのですが、そこで余ったエネルギーは、中性脂肪となり内臓脂肪になります。あまり意識をしていない方も多いですが、毎日の食生活をして、体重が増加していくようであれば、食べ過ぎていることになります。

 

また、内容も脂肪が多い食事の時には、特に内臓脂肪がつきやすいとお考えください。野菜ばかりをお腹いっぱい食べたとしても、体重は増えず、内臓脂肪もつきません。

脂肪細胞の量

内臓脂肪がつくには、自身が持つ脂肪細胞の量によって決まります。太ると脂肪細胞が大きくなって脂肪がつきやすくなります。この脂肪細胞は、その人が持つ量は決まっているはずですが、大きくなりすぎた場合、その量を増やすことがわかっています。

 

まさに肥満が肥満を呼ぶ、脂肪が脂肪を呼ぶと言った展開になります。通常の脂肪細胞は300億個と言われていますが、内臓脂肪が多い方は倍の600億個になることもあるとされています。異常な数字といえます。

遺伝と体質

もともと自身が持つ脂肪細胞は決まっているのですが、これは遺伝や体質によるものです。人によって内臓脂肪がつきやすいつきにくいがあり、すぐに脂肪が内臓脂肪になってしまう体質の方もいらっしゃいます。そんな方は、日々の食事と運動を気をつけなければならない事になります。

スポンサードリンク

内臓脂肪の原因記事一覧

自分の体型を自覚しよう

内臓脂肪が付いているかどうかは、体型によっての判断は難しいです。太っていたとしても、付いている脂肪が皮下脂肪の場合もありますし、痩せている体型でも内臓脂肪がたくさん付いている方も少なくありません。いわゆる肥満体型には、りんご型と洋ナシ型に例えられている事が多く、内臓脂肪はお腹あたりに脂肪が多いりんご...

≫続きを読む

遺伝か体質か?

内臓脂肪についての遺伝や体質に関しては、肥満に関係します。肥満は遺伝子と深い関係があるとされていますが、厳密に言うと、基礎代謝や脂肪燃焼の効率などが遺伝するとされています。ですから必然的に、肥満体型や内臓脂肪も遺伝や体質と関係してくることになります。両親が肥満の場合、子どもの肥満率は80%程度遺伝す...

≫続きを読む

食生活チェック

内臓脂肪を減らすための食生活チェックをしてみましょう。基本は、栄養バランスをとることと低カロリーの食事にすることです。脂肪分を抑えることが大切になりますが、食べてはいけないことではありません。脂肪というと肉を思い浮かべますが、良質なタンパク質として必要なものです。食べてはいけないものではなく、脂肪の...

≫続きを読む

生活習慣チェック

内臓脂肪に良い生活習慣チェックは、運動をしなければならない、食べ物に気をつけなければならないというものではありません。このしなければならないというのは、ストレスのかかることで長続きしないことが多く、内臓脂肪を減らすまで続かないことが考えられます。そのようなことで、生活習慣ではなく、できることを考えて...

≫続きを読む

運動習慣チェック

内臓脂肪と運動。運動を継続的に行なうことで、脂肪そのものが減っていきます。理想的なことですが、運動を行なうとどうして内臓脂肪に良いのでしょう?単純なことですが、体を動かすことで、体内にあるエネルギー代謝が良くなります。特に脂肪燃焼に関しては、効率よく体を動かすだけでなくなっていきます。内臓脂肪を減ら...

≫続きを読む


トップページに戻る