自分の体型を自覚しよう

スポンサードリンク

自分の体型を自覚しよう

スポンサードリンク

内臓脂肪が付いているかどうかは、体型によっての判断は難しいです。太っていたとしても、付いている脂肪が皮下脂肪の場合もありますし、痩せている体型でも内臓脂肪がたくさん付いている方も少なくありません。いわゆる肥満体型には、りんご型と洋ナシ型に例えられている事が多く、内臓脂肪はお腹あたりに脂肪が多いりんご型体型と言われています。

 

男性に多い体型で、お腹がせり出し、その方の部分はあまり脂肪がついていないことが多いです。しかし、実際には、CTスキャンなどで調べてみないと正確なところは判断できません。

洋ナシ型体型

内臓脂肪が比較的少ないであろうとされる洋ナシ型体型は女性に多く、お尻や太ももにも脂肪が付いているタイプです。脂肪のほとんどが全身に付いているもので、内臓脂肪ではないことも多いですが、内臓脂肪の上に皮下脂肪も多いことも考えられます。体型ばかりではなく、その他メタボの疑いがある方などは、内臓脂肪も多い可能性があります。

自宅でできる体型の判別

内臓脂肪が多いかどうかを、簡単に判断する方法として、自分で腹部肥満度を測定することで、一応の目安がわかります。ウエストのいちばん細いところとヒップの太いところを測って、ウエスト÷ヒップの値を出してみてください。

 

男性で1.0以上、女性で0.7以上の場合、内臓脂肪の多いりんご型体型と判断されます。もしこのような数字が出た場合、あくまでも目で見た数値ですから、CTスキャンなどで、確認をすることをお勧めします。

スポンサードリンク

自分の体型を自覚しよう関連ページ

遺伝か体質か?
余ったエネルギーは、中性脂肪となり内臓脂肪になります。 あまり意識をしていない方内臓脂肪についての遺伝や体質に関しては、肥満に関係します。 肥満は遺伝子と深い関係があるとされていますが、厳密に言うと、基礎代謝や脂肪燃焼の効率などが遺伝するとされています。も多いですが、毎日の食生活をして、体重が増加していくようであれば、食べ過ぎていることになります。
食生活チェック
内臓脂肪を減らすための食生活チェックをしてみましょう。 基本は、栄養バランスをとることと低カロリーの食事にすることです。 脂肪分を抑えることが大切になりますが、食べてはいけないことではありません。
生活習慣チェック
内臓脂肪に良い生活習慣チェックは、運動をしなければならない、食べ物に気をつけなければならないというものではありません。
運動習慣チェック
、体を動かすことで、体内にあるエネルギー代謝が良くなります。 特に脂肪燃焼に関しては、効率よく体を動かすだけでなくなっていきます。 内臓脂肪を減らしたければ、運動は絶対にするべきです。

トップページに戻る