遺伝か体質か?

スポンサードリンク

遺伝や体質と内臓脂肪の関係

スポンサードリンク

内臓脂肪についての遺伝や体質に関しては、肥満に関係します。肥満は遺伝子と深い関係があるとされていますが、厳密に言うと、基礎代謝や脂肪燃焼の効率などが遺伝するとされています。ですから必然的に、肥満体型や内臓脂肪も遺伝や体質と関係してくることになります。

 

両親が肥満の場合、子どもの肥満率は80%程度遺伝するとされています、母親だけですと70%、父親だけですと30%というおおよその数字はありますが、絶対的なものではありません。ただ言えることは、両親の食生活を含めた生活習慣が、内臓脂肪と遺伝の関係を深めるとされています。

遺伝だからこそ

子どものうちの肥満は親の責任もありますが、大人になってからの場合は、自分で気をつけなくてはならないことです。例えば、親が内臓脂肪で肥満の場合は、自分がそうなる可能性が高いとして、普段から内臓脂肪を付けない生活をするとよいでしょう。太る体質、内臓に脂肪がつきやすいことも同じことがいえます。遺伝のせいで、内臓脂肪が付くというのは勝手な理論で、内臓脂肪の多い親を反面教師にすることで、自分の内臓脂肪を予防することをお勧めします。

原因は自分にもある

内臓脂肪の原因のほとんどが、食べ過ぎや運動不足だとされています。ですから、遺伝や体質が関係していることは確かですが、本当のところは自分で気をつけることが大切です。内臓脂肪、メタボと診断をされた時には、親もそうだったというデータは取りますが、そればかりのせいにはしてはいけないことになります。

スポンサードリンク

遺伝か体質か?関連ページ

自分の体型を自覚しよう
太っていたとしても、付いている脂肪が皮下脂肪の場合もありますし、痩せている体型でも内臓脂肪がたくさん付いている方も少なくありません。
食生活チェック
内臓脂肪を減らすための食生活チェックをしてみましょう。 基本は、栄養バランスをとることと低カロリーの食事にすることです。 脂肪分を抑えることが大切になりますが、食べてはいけないことではありません。
生活習慣チェック
内臓脂肪に良い生活習慣チェックは、運動をしなければならない、食べ物に気をつけなければならないというものではありません。
運動習慣チェック
、体を動かすことで、体内にあるエネルギー代謝が良くなります。 特に脂肪燃焼に関しては、効率よく体を動かすだけでなくなっていきます。 内臓脂肪を減らしたければ、運動は絶対にするべきです。

トップページに戻る