食生活チェック

スポンサードリンク

食生活チェック

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らすための食生活チェックをしてみましょう。基本は、栄養バランスをとることと低カロリーの食事にすることです。脂肪分を抑えることが大切になりますが、食べてはいけないことではありません。脂肪というと肉を思い浮かべますが、良質なタンパク質として必要なものです。食べてはいけないものではなく、脂肪の部分を減らして食べることが良いということです。

 

肉は肉でも、羊肉は脂肪燃焼効果がありますから、理想な食材です。栄養でいえば、野菜はタップリと食べてほしいです。もちろん野菜ばかりはNGで、バランスを考えてほしいところです。

野菜の食べ方

野菜に関しては、豊富な食物繊維で体内の余計な脂肪分を排出してくれます。内臓脂肪の減少には、是非摂っていただきたいです。

 

ビタミンやミネラルが多いものとして、緑黄色野菜がお勧めです。意外なようですが、色のついた野菜で、油と相性が良いとされています。野菜を炒めるなどの油の摂り方はOKです。

調理法を考える

内臓脂肪を減少させるための調理法は、揚げ物ではなく茹でる、蒸す、煮るが基本になります。少し心がけるだけでも内臓脂肪の元になる脂肪分を減らすことが出来ます。

 

これも栄養バランスが先行して考えることですから、油ゼロで徹底的に行なうのではなく、減らしていくことがポイントです。1日3回の食事は鉄則です。カロリーの摂り過ぎを防止するためにも、1日の食事はかならず3回に分けて、ドカ食いをしないことも内臓脂肪を減らすためには必要なことです。

スポンサードリンク

食生活チェック関連ページ

自分の体型を自覚しよう
太っていたとしても、付いている脂肪が皮下脂肪の場合もありますし、痩せている体型でも内臓脂肪がたくさん付いている方も少なくありません。
遺伝か体質か?
余ったエネルギーは、中性脂肪となり内臓脂肪になります。 あまり意識をしていない方内臓脂肪についての遺伝や体質に関しては、肥満に関係します。 肥満は遺伝子と深い関係があるとされていますが、厳密に言うと、基礎代謝や脂肪燃焼の効率などが遺伝するとされています。も多いですが、毎日の食生活をして、体重が増加していくようであれば、食べ過ぎていることになります。
生活習慣チェック
内臓脂肪に良い生活習慣チェックは、運動をしなければならない、食べ物に気をつけなければならないというものではありません。
運動習慣チェック
、体を動かすことで、体内にあるエネルギー代謝が良くなります。 特に脂肪燃焼に関しては、効率よく体を動かすだけでなくなっていきます。 内臓脂肪を減らしたければ、運動は絶対にするべきです。

トップページに戻る