生活習慣チェック

スポンサードリンク

生活習慣チェック

スポンサードリンク

内臓脂肪に良い生活習慣チェックは、運動をしなければならない、食べ物に気をつけなければならないというものではありません。このしなければならないというのは、ストレスのかかることで長続きしないことが多く、内臓脂肪を減らすまで続かないことが考えられます。

 

そのようなことで、生活習慣ではなく、できることを考えてみてください。例えば、寝る前2時間前はものを食べない、食べ物はよく噛む、間食はしないかカロリー制限をするなどです。いずれも意識しないと出来ないことですが、内臓脂肪を本気で減らしたい方にとっては大切なことです。そしてこれらのことを続けるだけで、内臓脂肪は減っていくとされています。

よく噛むこと

内臓脂肪は、簡単になくなるものではなく、長期間の努力が必要です。

 

普段からのカロリーを抑えた食事、野菜が多い献立なども必要ですが、その上噛んで食べるなどの努力も必要です。少し意識をすることで、噛むことは満腹感もあり、自然と多く食べられなくなっていきます。噛むことで、消化も良くなりますから、脂肪がつきにくい体になることが出来ます。

余計なエネルギーは摂らない

寝る前の食べ物や間食については、本来体で必要なエネルギーではありません。すべて内臓脂肪となるものです。それをしっかりと認識すると、食べ物を口にすることも罪悪感を持つようになります。

 

この心理状態こそ、内臓脂肪を減らすことになります。それには、ある程度食事で満腹感を持つも大切になりますから、食事内容も考えるようになります。

スポンサードリンク

生活習慣チェック関連ページ

自分の体型を自覚しよう
太っていたとしても、付いている脂肪が皮下脂肪の場合もありますし、痩せている体型でも内臓脂肪がたくさん付いている方も少なくありません。
遺伝か体質か?
余ったエネルギーは、中性脂肪となり内臓脂肪になります。 あまり意識をしていない方内臓脂肪についての遺伝や体質に関しては、肥満に関係します。 肥満は遺伝子と深い関係があるとされていますが、厳密に言うと、基礎代謝や脂肪燃焼の効率などが遺伝するとされています。も多いですが、毎日の食生活をして、体重が増加していくようであれば、食べ過ぎていることになります。
食生活チェック
内臓脂肪を減らすための食生活チェックをしてみましょう。 基本は、栄養バランスをとることと低カロリーの食事にすることです。 脂肪分を抑えることが大切になりますが、食べてはいけないことではありません。
運動習慣チェック
、体を動かすことで、体内にあるエネルギー代謝が良くなります。 特に脂肪燃焼に関しては、効率よく体を動かすだけでなくなっていきます。 内臓脂肪を減らしたければ、運動は絶対にするべきです。

トップページに戻る