内臓脂肪を減らす食習慣

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らす食習慣

スポンサードリンク

食習慣によって、内臓脂肪をコントロールすることができます。食生活は、どんな食べ物を食べるか?という内容ですが、食習慣の場合、どんな食べ方をしているか?ということになります。良い食習慣を続けることで、内臓脂肪を減らすことができます。

 

基本としては、摂取カロリーはキレイに消費することが大切です。消費するカロリーは、生きていくための基礎代謝と体を動かすための代謝になります。

 

食習慣で気を付けたいのは、健康的な食べ方をする事になります。そのことで、食欲のための脳の働きもコントロールすることで、食欲を抑制することもできればよいでしょう。

注意したい○○食い

食習慣で気を付けたいことといえば、以下のことは避けるようにしてください。早食いは、満腹感を遅くします。普通人間の脳は20分程度で、満腹と感じますが、早食いをすることで、既に満腹と感じている時には相当な量を食べてしまっているケースがほとんどです。

 

ながら食いは、たべていること集中していないため、つい食べ過ぎてしまうことが多いです。朝食抜きは絶対に禁止です。おなかがすいた時にたくさん食べる癖がつき、空腹のときは食べたものをどんどん吸収してしまうため、脂肪に変換されやすくなります。

間食とお酒について

食習慣で言うと、間食やお酒の扱いも内臓脂肪に関係します。間食は、お菓子などはカロリーが高い上、満腹と感じるまでたくさん食べることになります。

 

お酒に関しては、アルコールが食欲を増すばかりではなく、つまみとして食べるものも注意しなければ高カロリーになってしまいます。

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らす食習慣記事一覧

ダイエットの時に気をつける事

内臓脂肪を減らす効果的な方法としては、確実に代謝をさせることが必要です。ですから、食べないでやせるといった方法は逆効果になり、食事は規則正しく摂った上で、余計な脂肪を燃焼させることが良いとされています。代謝が決め手になりますから、最低限必要な栄養補給はかならず行なうようにしてください。その中で注意し...

≫続きを読む

食べすぎを防ぐ

内臓脂肪の大敵は食べ過ぎです。食べ過ぎたと感じた時には、体内でもカロリー過剰になっています。しかし、体内に入ったしまった食べ物で、食べ過ぎのエネルギーは等に変換されます。一応生きていく上で、少しの糖の蓄えは必要とされています。そこで、肝臓に移行していきますが、肝臓に入りきらない食べ過ぎの部分が体脂肪...

≫続きを読む

外食メニューの選び方

内臓脂肪をなるべく付けないためには、食べ物にも気を使いましょう。外食が多い方は特に気をつけなければなりません。簡単に食べられるメニューであっても、どうしてもカロリーが気になります。例えば、チャーハンやラーメンで一食といった場合、時には1000カロリー超のカロリーを摂ることになります。日頃野菜などが十...

≫続きを読む

献立作りのコツ

内臓脂肪を減らすための献立のコツは、カロリーは少ないけれどお腹がいっぱいになるものが良いでしょう。太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。そこで、献立としては、野菜を中心としたもので、品数を多くして...

≫続きを読む

低カロリー調理法

内臓脂肪を付けないためには、低カロリーのものを食べると良いでしょう。しかし、あまり極端なカロリー制限は長続きしませんし、健康にもよくありません。そこで、必要な栄養は取りつつ低カロリーになる調理法を考えてみましょう。低カロリーといえば、油を使用しない料理になります。この場合の油とは、炒めものに少し使用...

≫続きを読む


トップページに戻る