食べすぎを防ぐ

スポンサードリンク

食べすぎを防ぐ

スポンサードリンク

内臓脂肪の大敵は食べ過ぎです。
食べ過ぎたと感じた時には、体内でもカロリー過剰になっています。
しかし、体内に入ったしまった食べ物で、食べ過ぎのエネルギーは等に変換されます。
一応生きていく上で、少しの糖の蓄えは必要とされています。
そこで、肝臓に移行していきますが、肝臓に入りきらない食べ過ぎの部分が体脂肪となります。
その一部が内臓脂肪へと行くわけです。
食べ過ぎが体脂肪に変換されるまで18時間かかるとされています。
例えば、今日午後6時の夕飯で食べ過ぎたとすると、次の日のお昼の12時ころ体脂肪として蓄積されることになります。

断食のススメ

食べ過ぎは即内臓脂肪と思っても良いのですが、体脂肪に変化するまでに、運動をしたり、代謝させることで、内臓脂肪をつかないようにすることも可能です。
また、食べ過ぎと意識した後数日間は、あまり食べないというのも、効果があります。
その方法の1つに断食があります。
この時に何も食べないのではなく、本当に少しだけの食事に制限することが良いでしょう。
すぐに断食をしてしまうと、その後ドカ食い、結局食べ過ぎてしまうことが多々見られます。

食べ過ぎと脂肪

18時間で体脂肪に変換されるとありましたが、脂肪だけは12時間以内で体脂肪に変換されるとされています。
要するに、脂肪ですから、すぐ蓄えられるということです。
食べ過ぎのあとの食事の摂り方で、野菜を中心にしたカロリーオフの食事をかならずすることと、運動も行なうことで、なんとか食べ過ぎた部分の代謝を良くすることで、内臓脂肪を付けないようにすることができます。

スポンサードリンク

食べすぎを防ぐ関連ページ

ダイエットの時に気をつける事
内臓脂肪を減らす効果的な方法としては、確実に代謝をさせることが必要です。 ですから、食べないでやせるといった方法は逆効果になり、食事は規則正しく摂った上で、余計な脂肪を燃焼させることが良いとされています。
外食メニューの選び方
簡単に食べられるメニューであっても、どうしてもカロリーが気になります。 例えば、チャーハンやラーメンで一食といった場合、時には1000カロリー超のカロリーを摂ることになります。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。
低カロリー調理法
内臓脂肪を付けないためには、低カロリーのものを食べると良いでしょう。 しかし、あまり極端なカロリー制限は長続きしませんし、健康にもよくありません。

トップページに戻る