低カロリー調理法

スポンサードリンク

低カロリー調理法

スポンサードリンク

内臓脂肪を付けないためには、低カロリーのものを食べると良いでしょう。
しかし、あまり極端なカロリー制限は長続きしませんし、健康にもよくありません。
そこで、必要な栄養は取りつつ低カロリーになる調理法を考えてみましょう。
低カロリーといえば、油を使用しない料理になります。
この場合の油とは、炒めものに少し使用するというのではなく、主に揚げ物です。
しかし、揚げ物と言っても、フライ、天ぷら、素揚げとあります。
衣を使用しない素揚げに関しては、低カロリー調理法といえます。
野菜などの素揚げに関しては、量が多くなければ、美味しくカロリーを気にせずいただけます。

肉は茹でると低カロリー

低カロリーな調理法といえば茹でるがお勧めです。
特に、豚肉などに関しては、脂身が多いですからしゃぶしゃぶのように、茹でることでカロリーを抑えることができます。
その時に野菜も温野菜などにすることで、たくさんの量を一度に食べることができます。
茹でるだけではなく、蒸す調理法も低カロリーになります。
油を落とすといえば、炭火焼きなどもお勧めですが、焼き肉ときたら、ビールやご飯が進む事になってしまいます。

オーブン料理でカロリーオフ

オーブン料理なども、低カロリー調理法としてお勧めです。
オーブンシートを敷いてオーブンで焼くことで、よけいな脂は落ちます。
どうしてもお肉など、カロリーがきになる食材を食べたい方については、調理法を気にしてみてください。
食べないという選択よりも、健康的に食べる方が、食べることにストレスを感じず楽しめることになります。

スポンサードリンク

低カロリー調理法関連ページ

ダイエットの時に気をつける事
内臓脂肪を減らす効果的な方法としては、確実に代謝をさせることが必要です。 ですから、食べないでやせるといった方法は逆効果になり、食事は規則正しく摂った上で、余計な脂肪を燃焼させることが良いとされています。
食べすぎを防ぐ
内臓脂肪の大敵は食べ過ぎです。 食べ過ぎたと感じた時には、体内でもカロリー過剰になっています。 しかし、体内に入ったしまった食べ物で、食べ過ぎのエネルギーは等に変換されます。
外食メニューの選び方
簡単に食べられるメニューであっても、どうしてもカロリーが気になります。 例えば、チャーハンやラーメンで一食といった場合、時には1000カロリー超のカロリーを摂ることになります。
献立作りのコツ
太らないためには、腹八分目が理想とされていますが、そのような食べ方ができない方は、途中でごちそうさまがなかなかできずに、内臓脂肪がたまります。

トップページに戻る