辛味成分で代謝アップ

スポンサードリンク

辛味成分で代謝アップ

スポンサードリンク

辛味成分は脂肪燃焼の効果が期待できます。
最初に浮かぶものとしては唐辛子があります。
脂肪の蓄積を抑制するということから、内臓脂肪に良い効果があるとされています。
これは、唐辛子のカプサイシン 効き目があるとされています。
キムチなどのピリリとする辛み成分です。
しかし、体質上、辛いのは苦手の方もいらっしゃいますが、同じ唐辛子でもカプシエイトが有効です。
本来は辛味成分が良いとされていますが、新種の唐辛子のカプシエイトは、辛みはありませんが、カプサイシンと同じような代謝効果があります。
新しい唐辛子の辛くない辛味成分に注目です。

カレー粉の活用

内臓脂肪に効く辛味成分として、カレー粉があります。
フェヌグリークという苦味成分が主体となって、数種類のスパイスによって、カレー独特の辛みがでますか、やはり脂肪の蓄積を防止するとされています。
とは言え、カレーライスをたくさん食べたのでは逆効果で、カレーライスではなく、ほかの料理にもカレーのスパイスを効かせたものを食べるようにすることで、体内の脂肪を代謝・燃焼ができるとされています。

下味で活躍の辛味

その他の辛味成分としては、胡椒、生姜、ニンニクなどがあります。
いずれも、料理では下味で使用されるものですが、代謝機能に役立ちます。
消化にも良いので、たくさん使用してみてください。
下味で、辛みがあることで、実際に味付けを薄くできることから、健康的な味付けができます。
特に生姜は ダイエットにも効く嬉しい食材です。

スポンサードリンク

辛味成分で代謝アップ関連ページ

アディポクチネンを増やす
善玉菌というと、腸内で働く菌の一つで、老廃物の排出を始め、悪玉菌と戦うことで、体の健康を担うものです。 多ければ多いほど健康体といえます。
食物繊維が効く
食物繊維には2種類あり、それぞれに役目が違います。 内臓脂肪に効くのは、不水溶性食物繊維です。 食感としては、ぼそぼそしたもので、水分の吸収が良く、便の量を増やします。
きのこ類
内臓脂肪を付けないためには野菜を多く摂取することですが、きのこ類もお勧めです。 低カロリーのきのこ類は、ダイエットには欠かせない食品です。 食物繊維ばかりではなく、不飽和脂肪酸も含まれています。
香辛料の効き目
内臓脂肪を減らすために、脂肪燃焼効果が期待できる香辛料を多く摂取するようにしてみてください。 多くの香辛料は、味に刺激があるものが多いです。
お茶の力
国の特定健康食品に指定されているものでも、高濃度のカテキンが入っているお茶などは、脂肪燃焼の効き目が高いとされています。 体脂肪が気になる方が、常時飲むことで、体に脂肪がつきにくくなる体質というものです。
炭酸水のダイエット効果
普段サプリメントなどを飲んで、なんとなく肌が変わったと思うように、特効食品を続けてみたら、内臓脂肪が減ったかもしれないと言った程度とお考えください。

トップページに戻る