炭酸水のダイエット効果

スポンサードリンク

炭酸水のダイエット効果

スポンサードリンク

炭酸水は飲むイメージがありますが、健康面や、美容の面でも効果がたくさんあります。
炭酸水には、天然炭酸水と飲料水に炭酸ガスを充てんしたものがあり、天然のほうはいわゆる鉱泉水なので、ミネラル成分が多く含まれます。
どちらも二酸化炭素が含まれているので効果は変わりません。ミネラルウォーターが含有成分によって味が異なるように、炭酸水もいろんな味のものがあります。

 

炭酸水は飲むタイミングによってダイエット効果があり、内臓脂肪を減らしてくれるのです。
食事をしながら飲むと、炭酸ガスの作用で満腹感を早く感じるので、食べすぎを防げるのです。ミネラル分の多い天然炭酸水を選べば、健康に不可欠な栄養素の補給にもなりますし、消化促進や便秘予防効果で、健康的にダイエットができます。
ただし冷たい炭酸水を空腹時に少量飲むと、かえって食欲が刺激されてしまいます。そのため食前酒は炭酸のものが多いのです。また甘味料が入った炭酸水もダイエットにはお勧めできません。

体の内側から効く炭酸水

炭酸水整腸作用があるので、便秘解消にも効果があります。
炭酸水は胃に入るとガスが発生して満腹中枢を刺激し、脳に消化するよう信号を送るため、腸がぜん動運動を始めます。朝、コップ一杯飲むと腸が刺激されるので、悩んでいる人はトライしてみてください。

 

また炭酸水は、疲労物質に働いてその疲労作用を体の外に排出しますし、天然炭酸水ならミネラルも豊富に含まれているので、さらに疲労回復効果があります。
特に、汗をかく夏は飲むだけでミネラルの補給ができ、夏バテも解消できるので一石二鳥です。

スポンサードリンク

炭酸水のダイエット効果関連ページ

アディポクチネンを増やす
善玉菌というと、腸内で働く菌の一つで、老廃物の排出を始め、悪玉菌と戦うことで、体の健康を担うものです。 多ければ多いほど健康体といえます。
食物繊維が効く
食物繊維には2種類あり、それぞれに役目が違います。 内臓脂肪に効くのは、不水溶性食物繊維です。 食感としては、ぼそぼそしたもので、水分の吸収が良く、便の量を増やします。
きのこ類
内臓脂肪を付けないためには野菜を多く摂取することですが、きのこ類もお勧めです。 低カロリーのきのこ類は、ダイエットには欠かせない食品です。 食物繊維ばかりではなく、不飽和脂肪酸も含まれています。
香辛料の効き目
内臓脂肪を減らすために、脂肪燃焼効果が期待できる香辛料を多く摂取するようにしてみてください。 多くの香辛料は、味に刺激があるものが多いです。
辛味成分で代謝アップ
本来は辛味成分が良いとされていますが、新種の唐辛子のカプシエイトは、辛みはありませんが、カプサイシンと同じような代謝効果があります。 新しい唐辛子の辛くない辛味成分に注目です。
お茶の力
国の特定健康食品に指定されているものでも、高濃度のカテキンが入っているお茶などは、脂肪燃焼の効き目が高いとされています。 体脂肪が気になる方が、常時飲むことで、体に脂肪がつきにくくなる体質というものです。

トップページに戻る