コタラヒムブツ

スポンサードリンク

コタラヒムブツとは?

スポンサードリンク

コタラヒムブツとは、スリランカに自生する樹木です。
民間療法の薬用ハーブとして、肥満解消に使用されています。
これは、アーユルヴェーダの自然健康法に基づくもので、ダイエットの他に、糖尿病、高血圧や便秘にも有効とされています。
幻のハーブとして、日本以外の国には輸出をしていないという珍物です。
血液内の糖分を減少することから、血糖値低下などが期待されていますが、この事はダイエットとも深く結びつくことです。
便秘解消は腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増加されると言われています。

 

コタラヒムブツのお茶

コタラヒムブツは、煮だしてお茶として飲むことで手軽に摂取することができます。
一日の限度摂取量は1リットル程度とされています。
大量摂取は肝臓に負担をかけてしまいます。
煮だしたあとのコタラヒムブツを食べるともお腹を壊す原因になってしまいます。
利尿作用がありますから、トイレに行く回数が増えるとされていますが、このことが水太りの改善と防止になります。

コタラヒムブツとダイエット

コタラヒムブツがダイエットに良いのは、成分として入っているマンギフェリンの効果です。
脂肪分解と吸収を抑制するとされています。
肥満防止のためコタラヒムブツのお茶はダイエットハーブティーとして愛用されています。
その効能は、世界保健機構でも認められていることです。
よく似たハーブにサラシアがあります。
しかし、上記のマンギフェリンはサラシアには含まれていないもので、コタラヒムブツは血糖値低下と脂肪分解の2つの効果を持っています。

スポンサードリンク

コタラヒムブツ関連ページ

ノニ(完全栄養ジュース)
ノニはフルーツですが、各種ビタミンやミネラルが豊富です。 そして、実を付けてから、数週間で発酵し、その発酵果汁には、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノールなど、さまざまな成分が入っています。 ということで、ノニはサプリメントとしては有能で、ノニのジュースは完全栄養食品として挙げられるものです。
天然にがり
天然にがりとは、海水から塩を抽出するときにできる液体です。 日本では、豆腐の凝固剤として使用されていますが、すべてが天然とは限りません。 にがりができる工程は、海水を煮詰めて、水分が蒸発し、塩の固体だけを摂ったときにドロドロとした液体ができます。
ガルシニア
ガルニシアは脂肪燃焼に良いとされる植物です。 体脂肪が気になる方には耳寄りな成分です。 燃焼系のサプリメントのなかに入っている成分で、体に体脂肪を付けない働きをします。
紅景天
紅景天は、コウケイテンといいます。 チベット人参のことをこう言いますが、健康によい食材とされています。 人参ですから、食べるところは根の部分です。 ユーラシア大陸の高山地帯で自生するもので種類は90ほどあります。
冬虫夏草
冬虫夏草はきのこです。 セミや蜘蛛などの昆虫に寄生したものです。 300種類ほどあり、漢方生薬として珍重されています。 昆虫に寄生する植物と言うことで、さまざまな効果が期待されています。
オリゴノール
オリゴノールは血流をよくする成分です。 それだけでも健康に寄与し、美容分野でも活躍する存在です。 血流改善によって、体内機能が正常になり、代謝活動が活発になります。 内臓脂肪がたまってしまうことで、体重が増える事を回避する働きがあるとされています。
オルニチン
オルニチンはダイエット効果があります。 その種類は、アミノ酸ダイエットになります。 アミノ酸と言っても、タンパク質を作るものではなく、遊離アミノ酸といって、血液内にいつもあるものです。 必要なときにそこで働くものとして、代謝活動を主に働くことになります。

トップページに戻る