オリゴノール

スポンサードリンク

オリゴノールとは?

スポンサードリンク

オリゴノールは血流をよくする成分です。
それだけでも健康に寄与し、美容分野でも活躍する存在です。
血流改善によって、体内機能が正常になり、代謝活動が活発になります。
内臓脂肪がたまってしまうことで、体重が増える事を回避する働きがあるとされています。
主に、生活習慣病の改善や防止に良いとされていますが、その結果は自然とダイエットと結びつくことになります。
オリゴノールでも健康的な痩せ方が期待ができるばかりではなく、疲労回復も素早くできます。

ポリフェノールの存在

オリゴノールを語るときに忘れてならないのがポリフェノールの存在です。
オリゴノールはオリゴマー・ポリフェノールの略で、オリゴマーとは低分子の意味です。
要するに、体内に吸収しやすい形にしたポリフェノールです。
ポリフェノールは、臓器にはびこる酸化を防止するとされています。
そのことは、正常な内蔵の働きをするだけではなく、老化防止の切り札とされています。
臓器が正しく働くことは、健康になるばかりではなく代謝活動を活発にします。

内臓脂肪を減らす

内臓脂肪、悪玉因子で作られます。
体に良いはずのタンパク質が悪玉因子にしてしまうのが、酸化や活性酸素によるものです。
それらをきれいに払拭できるポリフェノール。
それが豊富にオリゴノールを摂ることは、それだけで健康的な脂肪の減少ができます。
健康的なダイエットサプリメントも多く出回っていますが、オリゴノールこそポリフェノールの固まり、ゆっくりと自然体でのダイエットが可能になります。

スポンサードリンク

オリゴノール関連ページ

ノニ(完全栄養ジュース)
ノニはフルーツですが、各種ビタミンやミネラルが豊富です。 そして、実を付けてから、数週間で発酵し、その発酵果汁には、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノールなど、さまざまな成分が入っています。 ということで、ノニはサプリメントとしては有能で、ノニのジュースは完全栄養食品として挙げられるものです。
天然にがり
天然にがりとは、海水から塩を抽出するときにできる液体です。 日本では、豆腐の凝固剤として使用されていますが、すべてが天然とは限りません。 にがりができる工程は、海水を煮詰めて、水分が蒸発し、塩の固体だけを摂ったときにドロドロとした液体ができます。
ガルシニア
ガルニシアは脂肪燃焼に良いとされる植物です。 体脂肪が気になる方には耳寄りな成分です。 燃焼系のサプリメントのなかに入っている成分で、体に体脂肪を付けない働きをします。
紅景天
紅景天は、コウケイテンといいます。 チベット人参のことをこう言いますが、健康によい食材とされています。 人参ですから、食べるところは根の部分です。 ユーラシア大陸の高山地帯で自生するもので種類は90ほどあります。
冬虫夏草
冬虫夏草はきのこです。 セミや蜘蛛などの昆虫に寄生したものです。 300種類ほどあり、漢方生薬として珍重されています。 昆虫に寄生する植物と言うことで、さまざまな効果が期待されています。
コタラヒムブツ
コタラヒムブツとは、スリランカに自生する樹木です。 民間療法の薬用ハーブとして、肥満解消に使用されています。 これは、アーユルヴェーダの自然健康法に基づくもので、ダイエットの他に、糖尿病、高血圧や便秘にも有効とされています。
オルニチン
オルニチンはダイエット効果があります。 その種類は、アミノ酸ダイエットになります。 アミノ酸と言っても、タンパク質を作るものではなく、遊離アミノ酸といって、血液内にいつもあるものです。 必要なときにそこで働くものとして、代謝活動を主に働くことになります。

トップページに戻る