運動の頻度はどれくらいがいい?

スポンサードリンク

一応の指針

スポンサードリンク

内臓脂肪を減らすためには効果的な運動を欠かすことができません。
しかし、今まで運動をしていない方にとっては、どのくらいの運動をどの程度行えばよいかがわかりません。
一応の指針としては、1日30分程度の運動を週5回行なうのが良いとされています。
この中には、日常生活の中で、体を動かすことも含めてのことです。
ですから、頑張って毎日ジムに通うとか、毎日何十キロも走るといったことをしなくても良いとされています。
もちろん毎日30分程度の運動を続ける方が、内臓脂肪の減り方は良くなっていきます。
とにかく動くこと、体を動かして脂肪を燃やすことが大切です。

簡単なウォーキングでもOK

今まで内臓脂肪を解消するための運動をしてこなかった方が、1日30分ウォーキングなどの簡単な運動をするだけでも、内臓脂肪は確実に減少していきます。
毎日できないという方でも、ウォーキングではなく、少し歩く距離を長くしたり、早歩きをするなどの工夫によって毎日体を動かすことを行なうことで、内臓脂肪を減らすことができるとされています。
そう思うとなんとなく気が楽という方も多いでしょう。
1日おきのウォーキングでも、十分に効果があります。

運動の頻度はどれくらいがいい?

少しウォーキングなどに慣れてきたら、少し距離を長くしたり、ジョギングの要素を入れるなどして、運動の強度をはかることも提案します。
もちろん程度によりますが、運動の量などを上げることで、内臓脂肪をより早く減少せることができます。
体の調子をみてのことですが、是非考えてみてください。

スポンサードリンク

運動の頻度はどれくらいがいい?関連ページ

減らすための筋肉トレーニング
内臓脂肪解消のためには、腹筋ではなく体全体の筋力アップがオススメなのです。 ですから、毎日腹筋をやろうという方には、ちょっと待った、です。
ウォーキングの効果
有酸素運動として、息が切れるほど行う必要はありませんが、散歩のようにゆっくりでも効果はありません。
ヨガ・ピラティスで内臓脂肪を落とす
脂肪燃焼を効率的に行なって内臓脂肪を減らす方法として、ヨガやピラティスがあります。 基本的にヨガは体全体のバランスが良くなって、血行促進と老廃物の排出がスムーズに行くようになり、内臓脂肪が減っていきます。

トップページに戻る