ウォーキングの効果

スポンサードリンク

ウォーキングの効果

スポンサードリンク

内臓脂肪はウォーキングで減らすことができます。
ウォーキングというと、運動の中でも一番手軽にできるものとされています。
有酸素運動として、息が切れるほど行う必要はありませんが、散歩のようにゆっくりでも効果はありません。
自分で歩いてみて、少し早歩きかな?という程度の早さが適当です。
要するに、内臓脂肪を解消するためのウォーキングは、早歩きで1日30分以上を目安にしてみてください。
ベストは、毎日ですが、一日置きでも効果はあります。
30分のウォーキングは、脂肪燃焼に調度良いと言われています。
いつが良いか?というと、断然夕食後ですが、なかなか難しい方は、できる時間に行なってみてください。

通勤前のウォーキング

1日30分以上のウォーキングが困難な方は、朝の通勤時間はいかがでしょうか?
少し早起きをして、1駅か2駅歩くといったことです。
とても無理という方も多いですが、毎日じゃなくても1日おきか何曜日と何曜日というように決めて、定期的な朝の30分のウォーキング。
内臓脂肪がきっと減っていきます。
朝から疲れてしまうところですが、慣れると気持ち良いという声も多いです。

30分はキツイけれど…

とは言え、いきなりの30分以上のウォーキングはキツイです。
ですから、最初は20分程度でも良いとされていますが、これ以下ですと、脂肪燃焼ができないとされています。
内臓脂肪を少し減らすことができる手軽なウォーキング。
時間は長いですが、30分の早歩きに挑戦してみましょう。
内臓脂肪がなくなることを夢見て。

スポンサードリンク

ウォーキングの効果関連ページ

運動の頻度はどれくらいがいい?
内臓脂肪を減らすためには効果的な運動を欠かすことができません。 しかし、今まで運動をしていない方にとっては、どのくらいの運動をどの程度行えばよいかがわかりません。
減らすための筋肉トレーニング
内臓脂肪解消のためには、腹筋ではなく体全体の筋力アップがオススメなのです。 ですから、毎日腹筋をやろうという方には、ちょっと待った、です。
ヨガ・ピラティスで内臓脂肪を落とす
脂肪燃焼を効率的に行なって内臓脂肪を減らす方法として、ヨガやピラティスがあります。 基本的にヨガは体全体のバランスが良くなって、血行促進と老廃物の排出がスムーズに行くようになり、内臓脂肪が減っていきます。

トップページに戻る