ヨガ・ピラティスで内臓脂肪を落とす

スポンサードリンク

ヨガ・ピラティスで内臓脂肪を落とす

スポンサードリンク

脂肪燃焼を効率的に行なって内臓脂肪を減らす方法として、ヨガやピラティスがあります。
基本的にヨガは体全体のバランスが良くなって、血行促進と老廃物の排出がスムーズに行くようになり、内臓脂肪が減っていきます。
ピラティスに関しては、インナーマッスル、筋肉の体幹部分が鍛えられることにより、内臓脂肪が徐々に減り続けます。
両方共にオススメの運動になりますが、方法が少し難しいことから、しっかりと基本から学んで正しい運動をするようにしてみてください。
特にピラティスの場合、過激に動くことで腰痛になってしまう方もいらっしゃいます。

ヨガとは?

ヨガはいろいろな種類があります。
脂肪燃焼に良いとされる簡単な物は動画配信などもされていますから是非参考にしてみてください。
呼吸もきちんと行なうことですが、体のあちこちを動かして、硬くない筋肉、柔らかい筋肉を作って、脂肪細胞を分解して内臓脂肪を減らすことができます。
体も温まり、女性の冷えにも効果的です。

ピラティスとは?

ピラティスはもともとヨガの要素を取り入れたもので、主に骨盤を矯正する体操として発展してきました。
窓目に行なうことで、案外きついものですが、じわじわとした汗は、返って体を引き締めていると実感することができます。
骨盤が安定することで、それだけで内臓脂肪も減らすことができるという不思議な動きをしますから、毎日続けることをおすすめします。
骨盤安定で太らない体質になることができるなどの効果があります。

スポンサードリンク

ヨガ・ピラティスで内臓脂肪を落とす関連ページ

運動の頻度はどれくらいがいい?
内臓脂肪を減らすためには効果的な運動を欠かすことができません。 しかし、今まで運動をしていない方にとっては、どのくらいの運動をどの程度行えばよいかがわかりません。
減らすための筋肉トレーニング
内臓脂肪解消のためには、腹筋ではなく体全体の筋力アップがオススメなのです。 ですから、毎日腹筋をやろうという方には、ちょっと待った、です。
ウォーキングの効果
有酸素運動として、息が切れるほど行う必要はありませんが、散歩のようにゆっくりでも効果はありません。

トップページに戻る