肌トラブルの原因

スポンサードリンク

肌のしみ・くすみの原因

スポンサードリンク

肌トラブルの原因はひとつではありません。そして人それぞれ違いがあり、その日によっても肌トラブルが起きる原因は違うのです。

 

たとえば寝不足が続いていた、風を引いていた、疲れがたまっていたということになれば肌トラブルを起こす原因になりますので、その日の体調なども左右してくることに。

 

紫外線対策はしていますか?
肌トラブルの原因としてとても多いといわれている事、それは紫外線です。

 

紫外線は夏にとても強くなりますが夏だけではないのです。

 

実際紫外線は1年間降り注いでいて晴れている日だけでなく、曇っていても、雨の日でも微量の紫外線は降り注いでいます。

 

そして汚れですが肌の汚れも肌トラブルを引き起こす大きな原因になりますので十分に注意したいものですね。

肌のしみ・くすみの原因、紫外線

紫外線

肌が紫外線の影響を受ければ、メラニン色素は肌に色素沈着してしまいます。
そうなれば肌の色がだんだん濃くなって、日焼けの状態になるのです。

 

 

最悪のケースでは皮膚がんになってしまうこともあります。

 

 

紫外線対策をするためにはどうすればいいのでしょうか?紫外線対策の方法はいろいろとありますが紫外線予防の日焼け止めクリーム、これを塗って予防している人もいると思いますがそれだけでは十分とはいえません。

 

 

 

もし日焼けをしてしまったら、痛んだメラニン色素を除去する必要があります!


 

メラニン色素は必ずしも悪いというわけではなくて、少しずつ肌の表面に浮き上がって肌トラブルや刺激から肌を守るバリアの働きをしているのです。
日焼けをするのは、肌を守る目的でメラニン色素が浮き上がっていることになります。

 

紫外線は浴びれはすぐにしみになることもあれば、長い時間潜んだあとから出てくるものまでいろいろです。


肌のしみ・くすみの原因、汚れ

汚れ

肌トラブルの原因のひとつに汚れがあります。肌トラブルをなくすためには日々の汚れをしっかりと取り除いておく必要があるでしょう。

 

肌の汚れの種類は実は1種類ではなくて2種類の肌の汚れがあります。

 

毎日の洗顔やメイクを落とす際にきれいに落としきれていないから、それが原因で肌トラブルを起こしているのです。

 

汚れを落とすこと、それはスキンケアの基本です。
スキンケアの基本ができていないことが原因で肌の汚れが起きているのです。

 

しみ 化粧品などのファンデーションが汚れていることによる油性の汚れ

 

しみ 皮膚が古くなり角質が固まった垢がついている汚れなどの水溶性の汚れ
 (皮脂、汗、ほこりが混ざっている汚れなども水溶性の汚れ)

 

油性の汚れはクレンジングをしなければいけませんので、しっかりメイク落としなどを使って汚れをクレンジングしていきましょう。そして水溶性の汚れも普通の石鹸で落とせますので洗顔フォームなどを使いながらきれいに落としましょう。

 

 

 

すすぎ残りが汚れとして毛穴に詰まってしまうことも!
洗顔後はしっかりと汚れを落としておく必要があるのです。

 

汚れをきれいにするだけでも肌トラブルを解消できるかもね。



肌のしみ・くすみの原因、体調

体調

肌トラブルを起こす原因として、やはり体調が悪ければすぐに肌に現れてしまうもの。人の肌は敏感で体調や環境の違いでもすぐに肌荒れとして、肌トラブルとして現れてしまいます。

 

少し疲れがたまっただけ、ちょっと睡眠不足になっただけでも肌トラブルになることもありますので、やはり肌は敏感ですぐに体調が現れやすいものなのですね。

 

このような肌トラブルの場合には体調不良を改善することによって解消できることのほうがほとんどで一時的なものですから、体調不良が改善されれば肌トラブルはおさまります。しかし体調不良が慢性化している人も多く、疲れが慢性的にたまっているとか、睡眠不足が年中だという場合には、治るものも治らず、常に肌トラブルも慢性化してしまっている恐れもあります。その場合は生活習慣から見直す必要があるでしょう。

 

 

生活習慣や食生活習慣の見直しで体調管理を
そしてストレスも体調に影響を与えるので要注意!

 

それが肌トラブルを改善させることにもつながります



スポンサードリンク

肌トラブルの原因関連ページ

肌のしみ・くすみの対策方法
肌のシミをメイクでカバーすると厚化粧になりますし隠せば隠すほど目立つことも。肌トラブルがなぜ起きているのか、その原因をしっかりと突き止めておくことが大切です。
肌のしみ・くすみに有効な化粧品
肌のシミをメイクでカバーすると厚化粧になりますし隠せば隠すほど目立つことも。肌トラブルがなぜ起きているのか、その原因をしっかりと突き止めておくことが大切です。

トップページに戻る