肌のしみ・くすみに有効な化粧品

スポンサードリンク

気になる化粧品の成分

スポンサードリンク

肌トラブルを防ぐ、改善するために化粧品を選ぶ際に、中には何が含まれているのかが気になるところ・・・。

 

薬事法が改善されたこともあり化粧品の中に入っている成分はすべて表示する義務があり、毎日使っている化粧品の成分はすべてわかります。

 

中にはなじみがなくて聞いたことがない成分もあるので、何に有効なのかが分らないという場合もあります。あらかじめ有効成分表を知っておいて、特に効果のある化粧品を選ぶようにしましょう。

 

しみ・くすみに有効な成分は

最近注目されている、肌のしみ・くすみに有効成分を紹介します。

 

 

しみ・くすみに有効成分として今注目されている成分は

 

ハイドロキノン
シムホワイト377


 

ハイドロキノンもシムホワイト377も、どちらもメラニンに対して働きかけてシミを退治する働きがあるのです。

 

しみ ハイドロキノンは「出来てしまったしみ」に有効
しみ シムホワイト377は、これからシミになる「しみ予備軍」に

 

 

そしてくすみ対策として有効な成分はハイドロキノン、シムホワイト377以外にも、豊富な保湿成分や抗酸化成分があります。

 

レチノイン酸、コウジ酸、アルブチン、ラスベリーケトングルコシド、エラグ酸、ハイドロキノン、ルムプヤン、カキョクエキス、アスコルビン酸、カモミラET、クジンエキス、ルシノール、プラセンタエキス、天草エキス

 

 

これらすべてしみ・くすみの有効成分なので覚えておくと化粧品を選ぶ際にとても役に立つことは間違いありません。しっかりチェックして選びたいですね。
次は肌の保湿対策についてみてみましょう。

 

 

 

 

肌の保湿で乾燥対策

保湿をすれば肌の内側から「くすみ」を解消して、透明度をアップさせ新陳代謝がよくなるので、くすみをすっきりとクリアにさせる効果が。

 

化粧品の選び方次第でしみ・くすみを改善させることは可能なのです。

 

 

おすすめ保湿ジェル

しみ・くすみ嫌ですよね!

つるつる肌にあこがれませんか?

 

ジェルで簡単に瑞々しい肌が手に入るとしたら、どうしますか?

 

 

 

 

エイジング+うるおい+透明感が手に入る

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

美白オールインワンジェル【エニシングホワイト】

 

src=http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=130806848470&wid=001&eno=01&mid=s00000010164001084000&mc=1

 

 

 

 

 

わたしがいくつか試したものの中で、特にお気に入り!


 

 

自宅で簡単に、お手入れできます

 

使ったことがないものって肌に合うか心配・・・

特に敏感肌の人は、肌にダメージを与えてしまわないか気なるところ

 

 

肌の保湿には色々な製品が販売されているのですが、

この商品は、美容成分がたっぷり含まれているのです

 

 

 

美白オールインワンジェル【エニシングホワイト】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

src=http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=130806848470&wid=001&eno=01&mid=s00000010164001039000&mc=1

 

 

 

 

肌の弱い人、敏感肌の人も大丈夫!

(私もその中の一人なんです・・・)

 

 

これ、本当に良かったですよ

(2か月に1万個売れた実績があるそうです)

 

万が一肌に合わなかった場合

「30日間全額返金保証」が付いているので、安心!

肌の乾燥に有効な成分

有効な成分の入っている化粧品を選んで、日々のスキンケアに使っていくことにより、出来てしまったしみ、くすみ対策は十分可能なのです。
そしてこれからできるであろう予備軍に対してもしっかりと対策を立てることもできますので、今紹介したような有効成分を最大限利用していくことが大切です。
肌トラブルは肌のバリア機能が下がってしまったことでおきるといわれているので、乾燥対策をしながら
肌のバリア機能をアップさせることを考えて行きましょう。

 

肌の乾燥対策を考えるに当たっては保湿成分が豊富な成分を知っておく必要があり、それらが入っている化粧品を選んで使うことが効果的です。

 

しみ ヒアルロン酸 とても強い保水力で、空気の中の水分まで吸って肌を潤してくれます
しみ 水溶性コラーゲン 動物の真皮層のコラーゲンを抽出して作られます
しみ グリセリン プロピレングリコール、エリスリトール、ソルビトールなどはアルコールで水分を吸着する働きがある保湿成分
しみ セラミド 角質の細胞にある脂質で、水分が逃げる、刺激の浸入を防ぐといったバリア的働きが
しみ 乳酸ナトリウム 尿素やプロリドン、カルボン酸もあって、天然の保湿因子としても知られています

 

 

肌の乾燥予防には、保湿成分が有効。
これらが入っている化粧品を選んで使うようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

肌のしみ・くすみに有効な化粧品関連ページ

肌トラブルの原因
肌のシミをメイクでカバーすると厚化粧になりますし隠せば隠すほど目立つことも。肌トラブルがなぜ起きているのか、その原因をしっかりと突き止めておくことが大切です。
肌のしみ・くすみの対策方法
肌のシミをメイクでカバーすると厚化粧になりますし隠せば隠すほど目立つことも。肌トラブルがなぜ起きているのか、その原因をしっかりと突き止めておくことが大切です。

トップページに戻る