スポーツ前後の炭酸水活用法

スポンサードリンク

アスリートも注目!

スポンサードリンク

運動と炭酸水の関係は色々と研究されています。プロのアスリート選手やオリンピック選手も、炭酸水を自分の体づくりにも活用している人が増えてきています。

 

最近ではマラソンやトライアスロンなどに一般の人が参加する時代。競技中のスタミナアップや給水、栄養補給などに、プロ並みに関心をよせる人が増えています。

 

運動に炭酸浴は効果的とされていますが、運動前と運動後では入浴方法が違いますので、その辺りも解説します。

運動前、炭酸の活用法

炭酸水+食事でパワーアップ

スポーツ中のスタミナをアップさせるためには、競技前の食事の前に少量の炭酸水を飲むのがコツ。トライアスロンやマラソンであれば、エネルギー源となるおにぎりなどの主食をとるといいといわれますが、炭酸水を飲んでおにぎりを食べれば、胃腸の働きが高まっているので、効率よく栄養を吸収することができます。

 

バナナの栄養は、スポーツ中に長く持続的に行き渡るので、運動前に「少量の炭酸水+バナナ」といった組み合わせもおすすめ。バナナはもともと消化・吸収が早いので、胃腸への負担も少なくてすみます。

 

 

炭酸入浴でパフォーマンスアップ

オリンピックやサッカーのワールドカップなどの日本人選手も、炭酸入浴を活用しています。それは運動前に炭酸入浴することによって、全身の血行がよくなって、運動中のパフォーマンスを上げることが可能になるからです。

 

入浴によってHPS70が増加すれば、運動中に傷ついた細胞をすぐに修復することができるので、とくにマラソンなど長時間にわたるスポーツには有効です。ただし、のんびり入浴すると自律神経がリラックスモードになってしまうので、運動前は10分くらいでサッと切り上げる入浴にしましょう。

スポーツの後、炭酸活用法

飲んで疲労回復

スポーツの後にできてしまう乳酸(疲労物質)。スポーツ後に炭酸水を飲むと、この乳酸をサッと追い出してくれて、疲れも残らなくなります。乳酸は血液中にできるので、血行をよくすることでスムーズに追い出す効果があります。

 

そこで、スポーツ後に炭酸水を飲みましょう!炭酸ガスが胃腸を刺激する効果で、体内に水分がどんどん吸収されるため、血液量が増え、結果的に尿量が増えて、疲労物質という老廃物を排出することができるのです。

 

 

炭酸浴で疲れを癒す

運動後は炭酸浴で、ゆっくり疲れを癒してください。血行が良くなりHPS70も増えて、傷ついた筋肉をすばやく吸収してくれます。そしてゆっくり入浴することにより、自律神経もリラックスモードになり、疲労回復により効果的です。足を付けるだけの「足浴」もおすすめ。

 

スポンサードリンク


トップページに戻る