炭酸水で病気知らず!

スポンサードリンク

炭酸水で病気知らず!

スポンサードリンク

炭酸水を飲むと健康に良いと言うのは最近よく言われていることです。一昔前までは、炭酸は運動の邪魔になるとか、炭酸は体に良くないと言われていました。

 

これは、たいてい炭酸水ではなく、炭酸飲料の事を指すもので、甘みのない炭酸飲料に関しては、健康により、病気知らずの体に変身するとまで言われることも多いです。その真意に関しては、主に二酸化炭素そのものが大きな役割をしていると言われています。

二酸化炭素がカギ

炭酸水を飲むと、体内に多くの二酸化炭素が入り込みます。血管二酸化炭素が多くなることで、酸素濃度が低くなって、血液がたくさん回ることになります。

 

要するに、炭酸水を飲むだけで血行が良くなるとされています。特に女性でいつも手足が冷たいなんていう方が、炭酸水を飲むようになると、いつも手が暖かい、足先が冷たくないと言うことになります。

 

病気にならないのも良いのですが、冷え性の方にとって、手足の冷たさからの解放は何よりも嬉しい事でしょう。それだけでも、病気知らずの体になったと言えます。常習的に炭酸水を飲むことで、病気にならないだけではなく、ダイエットにも効果があるのです。

 

ここでは高血圧や心臓病、そして糖尿病の方に向けた炭酸水の飲み方や効果を見てゆきたいとおみます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

炭酸水で病気知らず!記事一覧

高血圧や心臓病にも効果あり

炭酸水が体に良いと言われています。特に高血圧や心臓病にも効きますが、その理由として、血管を拡張する体と言われています。人間の体は酸素と二酸化炭素のバランスを保っていますが、炭酸水を飲むと、二酸化炭素の量が増えます。そうなると、不足した酸素を補給しようと、血液の流がよくなります。心臓病も高血圧も血管の...

≫続きを読む

糖尿病のコントロールや予防に

炭酸水を健康のために取り入れることは、糖尿病をはじめ生活習慣病の予防にもなります。ここでいう炭酸水とは、無糖のものであり、ビールでもありません。水に炭酸が入ったものであることは当然です。一番の効果は、血液に入って、血管を広げる部分にあります。血圧をコントロールするだけではなく、血液内の老廃物も二酸化...

≫続きを読む


トップページに戻る