高血圧や心臓病にも効果あり

スポンサードリンク

高血圧や心臓病にも効果あり

スポンサードリンク

炭酸水が体に良いと言われています。特に高血圧や心臓病にも効きますが、その理由として、血管を拡張する体と言われています。

 

人間の体は酸素と二酸化炭素のバランスを保っていますが、炭酸水を飲むと、二酸化炭素の量が増えます。そうなると、不足した酸素を補給しようと、血液の流がよくなります。

 

心臓病も高血圧も血管の拡張が治療として行なわれることから、炭酸水を口にすることで、血液の流も良くなり、血管も広がります。それにより、高血圧も心臓病も改善や予防に役立つとされています。

血液中の老廃物を押し出します

高血圧の方で、炭酸水を多く飲むことで効き目があるとされていますが、口にするだけではなく、入浴に使うのも良いとされています。湯船に炭酸水を入れると、二酸化炭素が体外から体内に吸収されます。

 

それが毛細血管まで届き、体内にある二酸化炭素と一緒になります。体内の二酸化炭素は、もともと老廃物ですから、炭酸水の二酸化炭素によって押し出されることになります。そして、血流が良くなり、血管も広がり、血圧が下がるとされています。老廃物がなくなるというのも大切なポイントです。

 

 

炭酸水を飲むと毛細血管まで届き、血液中の老廃物が炭酸水の二酸化炭素によって押し出されることに。そして、血流が良くなり、血管も広がり、血圧が下がるとされています。


 

血管が元気になり、血液内に老廃物が減るということは、結局は心臓に良い影響を与えます。酸素が多く血液内に送られる子になり、動かす負担が減ります。炭酸は、ゲップがでたりして、わざとに飲まない方も多いですが、心臓病に良いのでぜひ活用したいですね!

スポンサードリンク

高血圧や心臓病にも効果あり関連ページ

糖尿病のコントロールや予防に
お風呂に入れることで、より血行促進になり、飲むと同時に行なうことで効果的だと言われています。 炭酸水で糖尿病が予防、意外なことですが、簡単にできるのではないでしょうか?

トップページに戻る