糖尿病のコントロールや予防に

スポンサードリンク

糖尿病のコントロールや予防に

スポンサードリンク

炭酸水を健康のために取り入れることは、糖尿病をはじめ生活習慣病の予防にもなります。ここでいう炭酸水とは、無糖のものであり、ビールでもありません。水に炭酸が入ったものであることは当然です。

 

一番の効果は、血液に入って、血管を広げる部分にあります。血圧をコントロールするだけではなく、血液内の老廃物も二酸化炭素とともに排出しやすくしますから、糖尿病の予防にもつながるとされています。

 

飲んで効く!入浴で効く!

炭酸水

甘いものや脂質の多い食事がどうしても続くという時には、食事中から飲むものは炭酸水にすると良いでしょう。炭酸を摂ると、かえって胃の中に溜まって悪いような気もしますが、この胃の中にたまる感覚で、食事の量もコントロールすることができます。

 

あまりやったことはないことかもしれませんが、糖尿病予備群やリスクを感じている方には、普段からの炭酸水の愛飲をオススメします。生活習慣病のほとんどの予防も可能ですから、そろそろ危ないという方に、ビールではなく、炭酸水を飲むことを強くオススメします。

 

お風呂に入れることで、より血行促進になり、飲むと同時に行なうことで効果的だと言われています。炭酸水で糖尿病が予防、意外なことですが、簡単にできるのではないでしょうか?

 

 

 

糖尿病の詳しい解説はこちら→糖尿病の原因と予防【糖尿病対策ナビ】


スポンサードリンク

糖尿病のコントロールや予防に関連ページ

高血圧や心臓病にも効果あり
炭酸水が体に良いと言われています。 特に高血圧や心臓病にも効きますが、その理由として、血管を拡張する体と言われています。

トップページに戻る