炭酸水の入浴効果

スポンサードリンク

炭酸水の入浴効果

スポンサードリンク

ヨーロッパでは早くから炭酸泉を利用した研究や治療が行われています。心臓に負担をかけずに血液の循環を良くすることができるため、ドイツでは炭酸泉は「心臓の湯」と呼ばれ、お医者さんが「炭酸浴」を処方していたほどです。

 

日本でも、医療・スポーツの分野から心臓病や動脈硬化などの循環器系疾患、糖尿病、冷え症など血行障害が改善された、疲労回復に効果があったという研究結果が報告されています。そこで炭酸浴の炭酸濃度が大切に。

 

 

 

ドイツでは医療的な効果を得るためには二酸化炭素濃度が1000ppm以上と決められています。人口炭酸泉でも1000ppm以上は医療泉として認められています。

 

その効能は、動脈硬化、高血圧、運動麻痺、関節痛、冷え症、更年期障害などで、飲浴では慢性消化器病、便秘など。

 

 

炭酸水の入浴効果

 

血行促進で体の芯から温まる
・老廃物が排出されやすくなり、新陳代謝がUP
皮脂を溶かし、毛穴をギュッと引き締める
・足の角質が柔らかくなり、ツルツルのかかとに


人口炭酸泉も増えてます

お湯に入ってしばらくすると、細かな泡がビッシリと肌につき、だんだんと泡が大きくなっていくのが、高濃度炭酸泉の特徴です。

 

天然炭酸温泉が近くになければ、なかなか行く機会がありません。しかし自宅で高濃度の炭酸浴をするのはコストがかかります。最近では炭酸浴の良さが広まり、スポーツジムやスーパー銭湯などにも人口炭酸泉が増えてきました。

 

美容室なども炭酸ヘッドスパを導入していますので、ぜひ一度試してみてください。

 

日ごろ手軽に出来るのは、炭酸足湯や炭酸入浴剤の利用です。肩こりや眼精疲労、手足の先の冷えなど、日常の疲れを解消しましょう。炭酸入浴や炭酸足浴、そして天然炭酸温泉スポットなどの紹介もしてゆきます。

 


スポンサードリンク

炭酸水の入浴効果記事一覧

炭酸入浴

炭酸水の入浴効果について見ていきます。炭酸水の入浴効果としてはダイエット効果があったり、血液を促進させたりする効果があります。炭酸水の入浴効果を最大限引き出すための正しい入り方としては、時間的には、20分から30分ほどの時間を温度は38℃〜40℃くらいに設定して入るといいとされています。入浴で体温を...

≫続きを読む

炭酸足浴

炭酸浴よりもっと簡単に、手軽に疲労回復をしたいという人にオススメな「足浴」。足浴というのは部分的に体を温めて血行をよくしようというもの。それを炭酸水をプラスしたお湯で行うと、温度には関係なく炭酸ガスが足の皮膚から浸透することによって血管が開くので、普通のお湯と比べ効果的に血行を促進することができます...

≫続きを読む

天然炭酸温泉スポット

日本は世界でも有数の温泉国。二酸化炭素を含む炭酸温泉はあまり多くありませんが、ミネラルたっぷりの炭酸温泉の気持ちよさは格別!代表的な炭酸温泉を紹介します。温泉の中でも炭酸温泉は取り扱いが難しい温泉です。高温の炭酸泉はすぐに炭酸が飛んでしまいますし、長い距離をパイプで引くことができません。低温の炭酸泉...

≫続きを読む


トップページに戻る