炭酸足浴

スポンサードリンク

手軽に出来る「炭酸足浴」

スポンサードリンク

炭酸浴よりもっと簡単に、手軽に疲労回復をしたいという人にオススメな「足浴」。足浴というのは部分的に体を温めて血行をよくしようというもの。それを炭酸水をプラスしたお湯で行うと、温度には関係なく炭酸ガスが足の皮膚から浸透することによって血管が開くので、普通のお湯と比べ効果的に血行を促進することができます。

 

足のふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれ、下半身の血液を心臓まで送っている部分。足浴で足に血行をよくすれば、足先の冷えの改善だけでなく、全身の血流がよくなり、体が温まります。

足先ほかほか、炭酸足浴

 

炭酸足浴

炭酸化粧水 炭酸足浴

 

たらいやバケツに炭酸温水をはって、静かに足首の上まで浸かります。炭酸温水にアロマオイルを入れて楽しんでもOK。よりリラックスできます。

 

時間は20〜30分程度、長めにゆっくり浸かります。足の血流が良くなると、下半身から心臓に向けて血流が改善し、全身が温かくなります。

 

炭酸洗顔 Point!

  • 炭酸水を温めておく(湯せん)
  • 40℃くらいのお湯と炭酸水を合わせる
  • 洋服を着たまま足だけを15分くらいつける

 

 

 

足の先だけ血管が開くことになるのですが、そのことが脳を刺激してリラックスモードに切り替わるので結果的に全身の血流が良くなるのです。

 

 

足浴の場合、お湯の量が少なくて済むので高濃度の炭酸水が作れます!
足浴では1:1の高濃度のお湯で炭酸浴の効果を上げることができます!
足の血行がよくなるので、運動後に行うと筋肉痛の予防効果も抜群です。

 

もっと経済的にやさしく炭酸足浴を試したい場合は手作り炭酸水がおすすめ!

スポンサードリンク

炭酸足浴関連ページ

炭酸入浴
炭酸水の入浴効果について見て行きます。家庭でも手軽にできる、炭酸浴。炭酸水をそのままお湯に入れたり、市販の入浴剤(炭酸ガス入り)をつかったり。いろいろな方法を紹介してゆきます。また炭酸浴の注意点も是非参考にしてください。
天然炭酸温泉スポット
日本は世界でも有数の温泉国。 二酸化炭素を含む炭酸温泉はあまり多くありませんが、ミネラルたっぷりの炭酸温泉の気持ちよさは格別! 代表的な炭酸温泉を紹介します。

トップページに戻る