炭酸水でリラックス!

スポンサードリンク

炭酸水でストレス解消

スポンサードリンク

仕事の間にひと息つきたいとき、何を飲んでいますか?コーヒーやミネラルウォーターなど人によってさまざまでしょう。でもストレス解消したいなら炭酸水がぴったり。

 

それは、炭酸水のもつ「のど越しの爽快感」がリラックスに効果的だということが実験で証明されているからです。のどの爽快感が脳に届くと副交感神経が優位に立ち、一瞬にしてリラックスモードにチェンジできるのです。

 

だから仕事でイライラした時、大事な仕事を終えてホッとしたいときなどに炭酸水を飲み、ひと時の間、頭と体を緩めてあげましょう。この場合はちょっとした気分転換なので、水分補給も兼ねて100〜200mlぐらい飲めばOK。

 

ちなみにコーヒーに含まれる「カフェイン」は脳を戦闘モードに切り替える効果があるので、仕事に集中したいときはコーヒーを飲み、ひと息つきたいときは炭酸水といったように飲み分けるのもいいでしょう。

寝る前に、飲んでリラックス

入浴後の水分補給にミネラルウォーターを飲んでいる人、これからは炭酸水で補給しましょう。お風呂にゆっくりつかって汗をかくと気分はさっぱり。一日の疲れがとれて、心と体もリラックスします。

 

ここで炭酸水を飲めば、炭酸ガスの効果で胃の血管が拡張するので水分の吸収力がグンとアップするのです。さらに、のど越しの爽快感から副交感神経が優位になって、自然と眠りモードに切り替わるのです。

 

お風呂上がりのビールがやめられないという人は、炭酸水にかえることでダイエットに役立ちます。またついアイスクリームに手が伸びてしまうという人は、冷やした炭酸水に味付けをして、冷たさとほんのりとした甘みを味わってみてください。

 

ただし寝る直前に飲むと、炭酸ガスが胃に溜まってゲップがでやすくなり、安眠を妨げてしまう可能性も。飲むなら、お風呂上がりがベスト。気分を切り替えて、眠りモードへの切り替えにいかが?

スポンサードリンク

炭酸水でリラックス!関連ページ

炭酸水で疲労回復
炭酸水の疲労回復効果を見てみましょう。体を動かすと自然に作り出される「疲労物質(主に乳酸)」。これが効率よく体の外に排出されれば、疲れは残りません。炭酸水にそんな力があるのでしょうか?
炭酸水でエイジングケア
若さを保つのに効果的な炭酸水。飲むと代謝が良くなり、アンチエイジングの要であるデトックス効果を発揮します。そして顔や頭を洗うことにより、体の外側からも効果を発揮します!
消化促進効果のある炭酸水
炭酸は胃の中に入ると、炭酸ガスを発生させます。 そのときに胃のぜん動運動を盛んにして、消化を促進させるとしています。 ですから、食事とともに炭酸水を飲むことは理にかなっています。
炭酸水で便秘解消
炭酸水は、肌に良いだけではなく、便秘解消にも良いとされています。これは、炭酸の泡が胃酸の分泌を良くしたり、大腸のぜん動運動を活発にする整腸作用があるからです。

トップページに戻る